2010年04月18日

国際都市“TAKASAKI”

国際都市“TAKASAKI”

国際都市“TAKASAKI”

ニューヨークから日本に来て10年。長屋暮らしの墨絵画家が愛する下町と、そこに住む人々について綴った笑いと涙のハートフル・エッセイ。






“TAKASAKI"には駅前留学はあるし、

あっ、"NOVA"って潰れちゃったんでしたっけ !??

娘が通っていた小学校ではモデル校として英語の授業がある・・・・・
目の青い本物の英語の先生。

そうそう、今の中尾中の英語の先生はバラク・オバマ・・・・・
異様に高いサドルのスポーツ自転車で颯爽と通勤する。

町の目抜き通りには“HIP-HOP”のブラックファッション、
黒人がカタコトの日本語で商っている。
露天のアクセサリー売りはイラン人、イスラム系の人・・・・・

焼肉屋は韓国人、中華は中国人、工場労働者は日系ブラジル人、パキスタン人、
水商売はフィリピン女性から、東欧のルーマニア人・・・・・

“TAKASAKI”の市営住宅在住だったパキスタン人が、
フランス人で国際指名手配されていた男と中古車ビジネスをしていたとかで“逮捕”。
アルカイーダとの関連らしい・・・・・

「友達の友達はアルカイーダ」

そんな国会議員いましたね。鳩山邦夫、ポッポ弟でした(笑)。

どうしてどうして、“TAKASAKI”は海も空港ないのに“国際都市”である。

どうやらここ高崎には、日本唯一の原子力研究所とか、日立製作所、麒麟麦酒研究所があるせいか、
最近はホワイトカラーの外人さんも目立つ。

時々近くのスーパーで見かけるフランス人男性と日本女性のカップル・・・・・・
僕の思い込みかも知れないが、そのフランス人と日本人のカップル、いつもやけにせわしなく買物をしている。
落ち着きがないというか・・・・・・

なんでも、そんなビジネスマンのようです。原研とかの。


話は変わりますが、このあたりの人間は外ではあんまり喋りません。
どちらかというと黙々と行動するタイプです。

そこへ行くと“大阪”の方は五月蝿いですね。
まず黙っていない。歩きながらでも、電車の中でも・・・・・・

娘の友だちの両親も大阪弁の人。
とにかくよく喋る。

そこへ行くと北海道の人は寡黙ですね・・・・・
高崎は意外と北海道人が多い。

「高崎はどう?」

「高崎・・・・・いんでないかい」

高崎経済大学は2割くらいが北海道の人です。

今はどうかわかりませんけど。

こんな人もいます・・・・・・

佐藤静夫・・・・・昭和16年10月9日(63歳)

北海道ニセコ町生まれ。道立倶知安高校から高崎経済大学へ。
平成5年に衆議院議員2期目当選以来連続し現在4期目。


この間、知り合いの外人さんに糠漬けを出したところ、イギリス人ですけど・・・・・・

「ファンタスティック !!」

とかいって、青い目を輝かせていました。


今は、日本人でも“漬物”の漬け方はなかなか・・・・・・
近くに住む娘なんかも糠漬け、白菜漬けをママがポリ樽に漬けたやつを持って行きます。

塩分、塩を少なめに漬け込んで醗酵させたやつは健康にもいいそうです。
まっ、外人さんのお口にあうかどうか・・・・・・

盛り付けが「ファンタスティック」だったようです。

でもカリカリ梅は受けてました(笑)。

ところで・・・・・

何処の国でしたっけ?

首を横に振るのが“Yes”で、
縦に振ると“No”という国は・・・・・
たしか、ベルギーか東欧の方だったように記憶していますが。

フランス語の“Yes”は顎をしゃくりあげるんではなかったでしたか(笑)。

“ウィッ”

国際都市“TAKASAKI”



Posted by 昭和24歳  at 19:49 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
国際都市“TAKASAKI”
    コメント(0)