2009年12月30日

坂本龍馬

坂本龍馬



その意味では未だ情報鎖国。
極東、辺境の島国日本の開国は見えず・・・・・





情報鎖国国家日本

所詮が英語圏にないこの国「ニッポン」。
アメリカ連合軍が進駐占領時になぜ日本の公用語を「英語」にしなかったのか・・・???

僕なりの推測ですが・・・
いずれ米国占領開放ご縦しんばこの国を「英語圏」に組入れたら大変なことになると推測したのではないかと。

無条件降伏での占領です。為すがまま、為されるがままの「ニッポン」。
公用語「英語」、生活語「日本語」・・・
香港なんかはそうですね、公用語は英語、生活は広東語を始め様々です。

その意味で、ニッポン人は先進国にあって世界的「文盲」です。
政治家、官僚も一部を除いて殆どが「文盲」でしょう。
語学留学程度では・・・
外務省の官僚でさえ外電の通信文を即読解釈できないようです。

それでは、もしニッポンが「英語圏」だったら・・・・・

世界最大の「情報国家」になっていたかもしれません。
金融、経済、軍事・・・オープンソースは全て「英語」で、機密文書すべて「日本語」で。

米国の優秀な官僚・・・・・

ニッポンを「英語圏」にしてはえらいことになると思ったんじゃあないですかね。
今でも英語教育は全然駄目です(笑)。
精々が「駅前留学」・・・森繁のそれこそ「駅前シリーズ」。
日本人がネイティブな英語を使ったら、好奇心は強いし、探究心は強いし・・・西洋人堪りません。

1945年時点で、「アメリカ合衆国」の「ニッポン州」になっていたほうが「日本人」幸せだったかも知れませんね。
そして今頃、独立戦争かなんかで・・・アメリカ人も日本人になったりして。
アメリカ人になっちゃう日本人もいたりして。
こんな狭い土地に1億2千万人・・・それが、人口減少の心配している。
大体が多すぎる人口・・・多くても5千万人(地形、地理的条件からは3千万人)くらいが丁度良いんじゃあないの、
韓国みたいに。
人口減少は「自然淘汰」・・・
戦争や、大災害で減少するよりよっぽど良い。

で、今や「人生80年」です。
しかし、「生きている」ってぇことなら今だって、人生50年です。
いわゆる「人生50年」の織田信長のそれは、テメエが殺される時の台詞ですから。

20代でまともに働き出して、結婚してまあ良いとこ60代でリタイヤでしょ。
ソレを考えたら人生50年もない・・・精々がネット、30年てぇとこ。

僕の祖父母、明治生まれでともに享年73歳。
女房の祖父母なんて享年92歳。
戦争、病気で子どもの方が先に死んだり・・・この国は昔から長生きなんだ。
暑くもなく寒くもなく、特別な飢饉もなく・・・
戦前は年金だってない・・・大体死ぬまで働いている。
食いもんだって生活に必要なだけ作るから田圃も畑も「土」はいつも痩せない。
変な化学肥料で全部「土」を駄目にしている・・・生物、植物は正直だよ。


人間もそう・・・ただの生き物。

変なもん毎日見せられて、
食わされてれば可笑しくなる。
占領軍の決定正しかったね。
ニッポン人を「世界の文盲」にしたこと。
ddbn




Posted by 昭和24歳  at 15:06 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
坂本龍馬
    コメント(0)