2009年10月30日

ジーンズの価格破壊にメーカー悲鳴!!

ジーンズの価格破壊にメーカー悲鳴!!




ジーンズの価格破壊にメーカー悲鳴 軒並み業績悪化配信元:2009/10/17 22:37更新 iza

 ジーンズ業界が、総合スーパーなどによる激安品の相次ぐ発売に悲鳴を上げている。低価格志向を強める消費者が飛びつき、顧客離れが加速しているためだ。ジーンズメーカーや、ジーンズを主力商品とする衣料品販売会社は、軒並み業績を悪化させている。

 記事本文の続き 「リーバイス」ブランドを展開するリーバイ・ストラウス・ジャパンが今月発表した平成21年11月期決算の第3四半期までの累計は、売上高が前年同期比19・7%減の約132億円と大きく落ち込んだ。

 カジュアル衣料販売大手のジーンズメイトも先月、平成22年2月期の連結営業損益見通しを従来予想の2000万円の黒字から3億9000万円の赤字に下方修正した。ジーンズメイトの福井三紀夫社長は「激安品に顧客を食われた」と肩を落とす。

 深刻な販売不振を受け、事業縮小の動きも出ている。国内メーカー大手のボブソン(岡山市)は月内にも、「ボブソン」ブランドを企業再生会社に譲渡し、子供服の製造販売に事業を絞る。影響は素材分野にも及び、クラボウはデニム生地の糸を生産する岡山工場を6月末に閉鎖した。

 ジーンズの“価格破壊”を最初に仕掛けたのは、カジュアル衣料店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングだ。3月に、傘下のユニクロ姉妹店「ジーユー」から990円のプライベートブランド(PB、自主企画)商品を発売した。これに、イオンなど総合スーパー各社が追随し、今月14日には、ディスカウント販売大手のドン・キホーテも最安値となる690円のPB商品を売り出した。

 各社とも大半の商品の製造を人件費の安い中国企業に委託しており、国内メーカーはほとんど恩恵を受けていない。激安品への対抗策として、ジーンズメイトは自らPB商品の発売を検討しているが、価格競争に巻き込まれる懸念はぬぐえない。若者のジーンズ離れもあり、「(販売回復の)特効薬が見当たらない」(福井社長)と、専業メーカーは苦悩を深めている。






「江戸で勝つ」も「ボブに損させる」も、コレでは貯まりませんね・・・・・・

gu で買ってきちゃいました!!



Posted by 昭和24歳  at 19:08 │Comments(1)

この記事へのコメント
なんとかダイエットが上手くいったみたいで、昔のジーンズが履けるようになりました\(^_^)/

20年以上前のリーバイスの501とか?…しかし悪い意味でのダメージ物ですね。社会の窓のボタンの穴がヘべレケ…さらに股ズレすだれというていたらく(*u_u)

しかしお直しは可能らしいです。まあダメージ物でもオークションに出品したら、多分…うほほ(^O^)

昭和24歳さんもそんなお宝をお持ちだったり?

しかし、全くのダメージ・衰退はやはり国内の物づくりであり、お店なんですわ(>_<)嗚呼
Posted by 忠やん at 2009年10月31日 05:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
ジーンズの価格破壊にメーカー悲鳴!!
    コメント(1)