2008年02月29日

輸入小麦価格30%値上げ

輸入小麦価格30%値上げ

「世界的な小麦価格の高騰に伴い、値上げ幅としては、農水省に記録がある1970年以降、73年12月の35%に次ぐ2番目の水準になる。」

海外の小麦相場が約60%上昇したことを反映してだそうだが・・・・・・

需要小麦の90%を輸入に依存する日本。

石油の次はいよいよ食糧か!!

石油はその意味ではその技術開発で「代替エネルギー」も考えられるが、「イザッ!食糧」ではそうはいくまい。

石油高騰で、安売りスーパーの「カップ麺」も軒並み値上げ。
今までは、その“安売りスーパー”の安売りで78円だった「赤いきつね」が安売りでも“98円”になってしまった。
もちろん定価150円が170円になったとか・・・・・・

“輸出振興政策”と引きかえに“農業政策”を後退させ、日本の農業、そしてそれにつづいて、林業、水産業も、
それは、今や、再生、再興もおぼつかない、崩壊寸前のところにきている。

輸出企業のためだけに「円安誘導策」で、国民の税金を惜しげもなく「ドル買支え」で、
結果、輸入品物価を上げている。

政府は、「農業を守る」といいながら、それは守るのではなく「手なずける」・・・・・・

「補助金で、農家に農業をさせない」

農家が農業をすると法律違反になるなどと言う馬鹿げた政策。

こんな国は早くつぶれた方がいい・・・・・・
いや、こんな政府は早く崩壊した方がいい。

僕の実家でも大型農機器が納屋でクモの巣になっている。

石油と同じで、小麦も「先物」。

現物の小麦の数倍からがペーパー商法で売買、マネーゲームの的になっている。

この国の政治家、つまり“選良”だが、彼らには国民を守るなどという考えは微塵もない。

収入は減る、物価は上がる・・・・・・
その一方で、嘘かホンとか「GDPが上昇」。輸出が堅調とか(笑)。

狂ってるとしか言いようがない。

ナンミョー国交大臣にイカレタ法務大臣。

憂さ晴らしに、早いところ総選挙させるしかない。

もう、“自公”以外ならどこでもいい(笑)。



Posted by 昭和24歳  at 12:38 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
輸入小麦価格30%値上げ
    コメント(0)