2008年02月20日

イージス艦

僕らの時代は否が応でも“政治”、歴史が、よく言えばダイナミックだった。

敗戦、占領下に生まれた僕ら・・・・・
正直、僕にはそうした実感がなかった。その意味では恵まれていたのかも知れない。
政治的事件・・・・・三河島事件。“三河島事故”と言うらしいが、昭和37年。

今では政治的に問題が生じると政府は“事故”を演出しその隠したいこと、隠蔽したいことを隠す。
当然メディアを使ってというか、そこに国策報道をする・・・・・

僕が生まれた歳の昭和24年の三鷹事件も。

航空機事故。昭和27年の木星号事件、そして日航機御巣鷹山事故・・・・・
いずれも米軍の管制下エリアでの“事故”。

当然、オウム真理教による“地下鉄サリン事件”も政治工作で、オウム真理教は利用されている・・・・・
と言う意見もあるくらい“事故・事件”は工作されている。

事実はどうかはわからない・・・・・
しかしオウム真理教のロシアからの武器輸入(密輸)など絶対できるはずがないことが、
まんまと当時は“通関”してしまっている。
一部、国家行政がかかわらない限り、ロシア製の重火器、ヘリコプターの輸入などできるわけがない。

その意味では、この国の実態は一見、平和は装ってはいても極東アジア圏では“戦争状態”が戦後も一貫して、
冷戦終結といいながら間断なく太平洋、インド洋域では戦争は“工作”され続けてきている。

そして今日も、北朝鮮・・・・・今度は“核実験”だとか・・・・・

イラクの場合は、その“疑い”・・・・・“核”ではない、大量破壊兵器・・・・・
それもそれが米国製であったり、英国製であったり、フランス製であったり。

その疑惑だけで、「ないことを証明しろ!」、「証明できないと言うことは“ある”ということだ!」

そのレベルで、アメリカ経済のための総攻撃でフセイン大統領を監禁拘束。


僕の娘たちもそうですが、全くそう言う話は“猫に小判”、“馬の耳に念仏”、“糠に釘”・・・・・
実は、小学校の教育からそうした、成長過程で芽生え、大人になってそうしたことへの“疑問”を感じるべく教育を受けてない。
もちろん、今日の公教育にはそうした教諭はいない・・・・・

いるのは思想的教諭くらいか?

北朝鮮は、“核実験”その施設まである・・・・・
もっともその施設はカーター元大統領が日本の税金で進呈した“安全な核電力施設”。
まあ、早い話が日本政府のの献金、朝鮮総連の献金、麻薬・武器密輸ビジネスでの売上で・・・・・

言うなれば“北朝鮮”は“日本”のため、いや・・・・・と言うことは米国のため・・・・・

ミエミエの“ダブルスタンダード”の米国政府。
イラクは“ガセ”の大量破壊兵器がで米英軍での総攻撃で大統領を拘束、政府を転覆。

北朝鮮は疑惑どころか、向こうが持っている、実験すると言っている。

と言うことは、北朝鮮は“花火”のようなもので季節はずれであろうとなんであろうと、
打ち上げ、実験を“させる”。

5000億の国家予算でできるわけがない・・・・・
こちらで見る北朝鮮情勢はそれこそが“ガセ”ではないのか。

“TMD”の日米防衛構想。

実際の防衛費、軍事費は既に“8兆円超”とか。

ところで、北朝鮮への手土産が“1400億円”規模だというから、
今回の訪中。まさか手ぶらでいけるわけもないのだから、いったいいくら・・・・・
そうこうする内に、国民の各種税金季節が変わるたびにアップ。

国民に“矢でも鉄砲でも持って来い”式の感情を待っているのではないのか日本政府。





Posted by 昭和24歳  at 21:00 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
イージス艦
    コメント(0)