2020年09月23日

【平成】詐欺師が国会議員になった

【平成】詐欺師が国会議員になった
【平成】詐欺師が国会議員になった


参院議員の父がダマし取った90億円 次男が「銀座」豪遊の日々を語る
国会議員の信用力と年利7%前後という高利率に2500人が殺到
ドンペリは1日複数本、たまに150万円のロマネコンティ、常に現金払いだった友部百男氏

 戦後の詐欺事件史の中でも特筆に値するのが、「オレンジ共済」事件である。現職の参院議員・友部達夫氏(故人)その人が、90億円を騙し取り、闇に葬ってしまったという、前代未聞の一件。当時、その金から7億円近くを銀座での豪遊などで蕩尽し、逮捕、実刑判決を受けた次男・百男氏(47)が昔を振り返った。(※「週刊新潮」2015年8月6日号掲載記事を再編集したものです)

【写真】父親の友部達夫元参院議員

「今思えば、あの頃は人生舐めていました。不勉強極まりなかったですね」

 こう“反省の弁”を述べるのは百男氏だ。逮捕当時に比べ、幾分スリムになり、鬢には白いものが混じり始めている。もっとも、その髪はソフトなオールバック。事件当時、「カツラだ」と書き立てられた髪型とはずいぶん変わっているが、本人に尋ねると、

「ええ、確かに当時はカツラでしたよ。僕は円形脱毛症だった。でも刑務所に入ったら、自然に髪が生えてきてこうなったんですよ」

 と笑うから、時の流れと生命の不思議さを感じるのである。

 事件の発端は1992年。

<抜粋引用:9/22(火) 12:31配信デイリー新潮>
https://news.yahoo.co.jp/articles/eaee3f29fdd86fc9da9fb1036dd412717cec7d94

>現職の参院議員・友部達夫氏(故人)その人が、90億円を騙し取り、闇に葬ってしまった

ま、山口ジャパンライフから比べたら90億円だから可愛いもんだが詐欺られたほうは大変。

しかしいつの世も変わらんね。ころりと騙されちゃう、欲が深いからだろうね、騙されちゃう人って。

平成6年くらいって言ったら、バブルがはじけてアジア金融危機とかで預貯金金利はバンバン下がり始めバブルの6%から2%切るところまで下落。

で、友部詐ン欺議員7%の利息を約束してオレンジ共済だっていうんだから笑っちゃうよね。ひっかる法も引っかかる方(笑)。

そんなわけで国会議員にでもなって箔をつけて詐欺業に励もうとしたけど落選に告ぐ落選。

それが、ちょうど自民党が分裂して新党ブームで、政党の乱立、で、オレンジ共済で集めた金を使って新進党の公認を取って詐欺。

ま、平成って言ったら政治家バンバン逮捕されてましたね…

「大物政治家の逮捕」が相次いだ平成、最近は特捜が弱体化!?
https://diamond.jp/articles/-/198130



Posted by 昭和24歳  at 09:25 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年10月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 52人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【平成】詐欺師が国会議員になった
    コメント(0)