2020年07月15日

野党は勝てば勝つほど分裂、昔も今も。

野党は勝てば勝つほど分裂、昔も今も。
野党は勝てば勝つほど分裂、昔も今も。
浅沼稲次郎暗殺事件(あさぬまいねじろうあんさつじけん)は、1960年(昭和35年)10月12日に東京都千代田区にある日比谷公会堂において、演説中であった浅沼稲次郎が17歳の右翼少年・山口二矢に暗殺された事件のこと。

昭和28年投票率78%、昭和30年保守合同。

野党は勝てば勝つほど分裂。

ま、政治は政治家の芸者遊びなんです。今もそう、野党が勝手政権交代するそばから分裂、足の引っ張り合い(笑)。

あのね、浅沼稲次郎にしたって佐々木 更三にしたって、スケベェの塊で、江田三郎も成田知巳も一緒。

ま、野党はムッツリ助平で与党自民党は反社会勢力ですからどっちが強いって言ったら保守合同です。

今もおんなじ、残念ながら。だから、結局、社会党自社さなんて連立政権組んで雲散霧消。土井たか子も、福島瑞穂も、辻本清美もお笑いでしかない。

ま、裏で「結んで開いて」やってるんだからどうしょうもない、雑巾がけしようっていうのが一人もいない。

ま、自民党は金で結束してますからそら、絆は強固です(笑)。

つまり、当時は自民党は米国の傀儡政権、野党、早速分裂しちゃったんだが日本社会党と民主社会党に。

それが尾を引いてるんだろうが労組をバックに野党はソ連の傀儡で、自民党がCIAなら社会党はKGBですから国民堪らんわけです。

で、「自社さ政権」ができたりしちゃって政界は「闇鍋」状態で、ま、社会党党首、村山富市首相ですから、完全に米国の僕(笑)。

これ、何回選挙やったところで六本木に米軍基地がある限りは立憲、エダノールが首相になっても同じですね。

そもそもが村社会、村八分社会、そらね、底辺が一揆したところで精々が映画になるくらいで終わりますから。

ま、共産党に頑張ってほしいところだけど、志位さん、いい加減に辞めませんか、引退したほうがいいです。

せっかく全国津々浦々若手30代40代が頑張ってるんですから、もう不破哲三過去のの人ですし、志位さんもね過去の人です。

菅も野田もそして細川護熙の日本新党忘れ形見は今度の総選挙には出ないでくださいね。

で、その山口二矢なんだが…

東京少年鑑別所内で「天皇陛下万才、七生報国」との遺書を残して昭和35年11月2日首吊り自殺した。享年17歳。

野党は勝てば勝つほど分裂、昔も今も。



Posted by 昭和24歳  at 12:49 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
野党は勝てば勝つほど分裂、昔も今も。
    コメント(0)