2020年01月12日

成人おめでとう...

成人おめでとう...
成人おめでとう...

成人式の会場に入れない問題が深刻化。新成人たちの悲痛な叫び
1月の祝日である「成人の日」。この日に全国でおこなわれる成人式は、一生に一度の節目となる式典、新成人たちの思い出として長年心に残っていくであろう大切な行事だ。GENERAL RESEARCHが行なった「成人式に関するアンケート」でも、成人式を必要だと思う割合は、実に79.8%にも及んでいる。しかし、この成人式に「参加したくても参加できない」という人たちが近年続出しているというのだ。一体なぜだろうか?
「成人式に参加できない」原因は、地方の「大合併」問題
朝日新聞によると、昨年の群馬県高崎市の成人式では、多くの新成人が会場の中に入れなかったという。高崎市は、2006年〜2009年に周辺6町村と合併。昨年の人口は37万人を超えていた。例年4千人前後の新成人がおり、合併前の旧市町村ごとに全7会場で成人式を開催しているという。

昨年問題となった「群馬音楽センター」には、対象者の約7割に当たる旧高崎市域の新成人が集まる。昨年の対象だった新成人2795人に対し、出席者はセンターの定員を60人超える1995人だった。過去4年間の参加者も1918〜2041人で、一昨年を除く3回は定員を20〜110人上回っていた。出席率が69〜71%の状況でも、参加者の人数が会場の定員を上回るというのは、いかがなものか。

<抜粋引用:2020/01/10 13:43MAG2 NEWS>
https://news.goo.ne.jp/article/mag2/nation/mag2-434592.html

>成人式の会場に入れない問題が深刻化。

高崎アリーナはダメですか、市長?

そういやあ、オイラたち団塊世代は兎に角人数が多くて、2中、3中で正味1000人。

一中、塚沢、佐野、片岡、大類、4中、5中、7中入れたら定員オーバー。

ま、南八幡、倉賀野、岩鼻、もう大変でした。そうそう、オイラ達も成人式典会場の中には入れなかったな、外でワサワサせてただけ。

もっとも、夜は「みゆきダンスホール」の出演があったしさっさとうちへ帰ってきてエレキ担いで中銀へ...

そんなわけで平成の大合併で高崎市のその大変な高齢者人口110,000人ですから寺尾も焼き場新しくなっちゃいました。

ま、新成人、オイラ達の孫世代です。来年はオイラの孫娘も成人式。で孫娘、彼氏もできちゃってひ孫の騒ぎしちゃったりして(笑)。

ってぇことはいよいよオイラ達もこの世にお暇をいただく頃なんでしょうか?

しょうがありませんね。順番なんですから、縁は縁として温めておきましょう。この世知辛い時代のなか...

成人おめでとう...



Posted by 昭和24歳  at 21:00 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年01月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
成人おめでとう...
    コメント(0)