2020年01月08日

アメリカ・カリフォルニア州でホームレスが急増

アメリカ・カリフォルニア州でホームレスが急増
アメリカ・カリフォルニア州でホームレスが急増

アメリカ・カリフォルニア州ではホームレスの数がかつてないほど増え、危機的な状況だ。ロサンゼルスでは路上で生活する人が2019年に16%増加し、いまでは3万6000人にのぼる。シェルターでは2万7000人が生活を送っている。

この状況に苦しんでいるのは、ホームレスたちだけではない。「ロサンゼルス・タイムズ」の記者が地域の住民に取材したところ、想像以上にストレスフルな生活が垣間見えた。

https://courrier.jp/news/archives/187017/?ate_cookie=1578467598

僕がよく滞在したLAはパパ・ブッシュの湾岸戦争の頃だった...

忘れもしない1991年1月17日(18日未明)、サンタモニカのモーテルでテレビをつけるとやたら煩い。

早口の英語で、ま、アメリカなんだから当然なんだが「イラクを連合軍が空爆とブッシュパパの映像とともにCNNのアンカーがまくし立ててる。

アナハイムのNAMMの準備でクタクタなところモーテルのラウンジではアメリカ人が嬌声を上げながらなにかわめきたてていた。

たしか1991年アメリカの景気は良くなかったんじゃないかな、いわゆるホームレスが、それも家族連れのホームレスがスーパーのカートに子供を乗せて歩いていたり。

協会のところでは慈善団体が配るフードクーポンを貰うための列ができてたり。

デニーズなんかのファミレスではランチタイムの後のクローズ直前にいかにもといった風体のおじさんが必ずカウンター席に座って配給を待っていた。

↑の「アメリカ・カリフォルニア州でホームレスが急増」アメリカの格差社会の象徴なんだろうね。

日本もなんだが経済のグローバル化とかで金融資本だけが肥太る、つまり資本を武器に発展途上国の安い労働賃金で大量に生産し先進国市場にバラまく。

当然先進国の製造業、産業は崩壊する。市場にしたって低価格の輸入商品で溢れかえり結果、販売規模は低下し相対的経済は沈下の一途。その典型が日本で、中小零細の製造業、小売業は軒並み廃業する。

アメリカもそうで、たしかにトランプ大統領の減税効果でそれなりに経済成長、GDPはこれまで押し上げられた感はあるが、国内に流通物資のほとんどが輸入品、せいぞうぎょうは、製造産業はほとんど機能してない。

ま、唯一の景気対策、失業対策がここに至っては「戦争」、軍産複合体をフル稼働させるしかない、日本も巻き込んで。

まあ、アレです、腕力のあるアメリカはいいです。腕力のない日本はどうするんでしょうか。製造業を活発化させようにも名だたる経団連大企業、日立東芝、さらにトヨタを除く自動車産業までが低迷。

百貨店をはじめとする小売業も前年比二ケタ台の落ち込み。そらそうです、日本、GDPのお仕上げに消費税増税だって言うんですから(笑)。

ま、「アメリカ・カリフォルニア州でホームレスが急増」、アメリカがくしゃみしました。一週遅れでブルーテント、ダンボールハウスの花が...
高崎芸術劇場の周りに花開くかもしれませんね。


アメリカ・カリフォルニア州でホームレスが急増



Posted by 昭和24歳  at 18:16 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年01月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
アメリカ・カリフォルニア州でホームレスが急増
    コメント(0)