2019年11月28日

市元職員の51億円、 巨額詐欺事件で安中市

市元職員の51億円、 巨額詐欺事件で安中市
市元職員の51億円、 巨額詐欺事件で安中市

毎年2000万円返済を継続 群馬銀行へ今後10年 95年発覚の市元職員 巨額詐欺事件で安中市
 群馬県の安中市元職員による市土地開発公社を巡る巨額詐欺事件について、市は27日の定例会見で、群馬銀行に対して、今後10年間もこれまでと同様に、毎年2000万円を支払う方針を明らかにした。1998年に市と公社が連帯して24億5000万円を支払う和解が成立。和解から20年が経過し、市と公社は今後の支払額などについて同行と協議を続けていた。12月25、26日に市民向けの報告会を行い、今後の対応について説明する。

<中略>

《市土地開発公社を巡る巨額詐欺事件》

 1995年に発覚した、元市職員が公文書を偽造するなどして群馬銀行が公社に振り込んだ事業資金などをだまし取った事件。不正流用の総額は51億円に上った。同年に同行は元金33億8600万円などの返済を求めて提訴し、98年に和解が成立した。元職員は詐欺などの容疑で逮捕され、懲役14年の実刑判決を受けた。

<抜粋引用:11/28(木) 6:13配信 上毛新聞>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00010001-jomo-l10

>元職員は詐欺などの容疑で逮捕され、懲役14年の実刑判決を受けた。

懲役14年ですか...

それにしても発覚が1995年っていったら24年前ですか。そしたら、その元職員の詐欺犯とっくに刑期、オツトメ終えて今どこで何してるんでしょうか?

そう言えば同じ頃青森県住宅供給公社巨額横領事件「アニータ事件」なんていうのもあったね。懲役14年の判決...
こっちは14億5000万円と安中から比べたら可愛いもんだけど件の公社からの民事訴訟も、結局は青森県民の負担でおしまい。

ま、ちょうどバブル絶頂で、なんたって高崎だってバブルで浮かれて土地公社、毎晩チャンチキおけさだったらしい(笑)。
だって駅前の国鉄清算事業団の土地、坪1億円、今、駅前交番がある辺り、そう言えば公社バブルで買い込んだ土地が売るに売れず塩漬けだっていう噂はもう消えたかな、多分時効。

しかし、安中市民は大変ですね。毎年2000万円も返済、元金33億8600万円つうと10年で2億円20年で4億円...約169年って...

しかし、ま、振り込め詐欺みたいなもんで、詐欺られた郡銀安中市店長にも見抜けなかった責任あるんじゃないの。
で、詐欺った51億円のうち14億円以上が行方不明って、みんなで使っちゃったってぇこと?
か、どこかに埋めてあって、ここ掘れワンワンしてるんじゃないの、安中市民汗水たらしてせっせと納税してるのに...

市元職員の51億円、 巨額詐欺事件で安中市



Posted by 昭和24歳  at 10:00 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
市元職員の51億円、 巨額詐欺事件で安中市
    コメント(0)