2019年11月22日

高崎芸術劇場、別件も落札「官製談合」か?

大規模都市再開発は「官製談合」の温床?
高崎芸術劇場、別件も落札「官製談合」か?
設計・監理は㈱佐藤総合計画、施工は竹中・東鉄・佐田とかだがそこで総工費、約239億4千万円という税金が按分されたわけだ。


談合事件 劇場舞台の機械も落札

高崎市が発注した「高崎芸術劇場」の照明の購入をめぐり高崎市の課長と業者の社長らあわせて3人が逮捕された官製談合事件で、この業者が、同じ時期に、市が発注した劇場の舞台で使う機械など一式を落札していたことがわかり、警察などは詳しいいきさつを調べています。

<中略>

捜査関係者や市によりますと、阿久澤社長の会社は、佐藤副館長が市の室長だったことし2月にも市が発注した劇場の舞台で使う延長コードやドライアイスを発生させる機械など一式の購入をめぐる入札で1070万円余りで落札していたということです。
高崎市によりますと、この入札は予定価格を公表していないということで、警察は高崎市役所などから押収した資料を分析するなどして詳しいいきさつを調べています。
また高崎市も、今後、入札の経緯について調査したいとしています。

<抜粋引用:11月21日18時04分 NHK NEWS WEB>
https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20191121/1060005910.html

>高崎市によりますと、この入札は予定価格を公表していない

まさに「大規模都市再開発は「官製談合」の温床」、この沈みゆく日本経済の中、発展途上の高崎市には潤沢な官民開発事業が展開されてます。

高崎芸術劇場、別件も落札「官製談合」か?

で、「官製談合」なんだが、「談合」、それって業者間での話し合いがあってっていう話じゃないの?

ま、21階という高層庁舎に始まって図書館、高崎アリーナ、そして今回の事件となった高崎芸術劇場、そして「ビックカメラ」核としたパブリックセンターの建設、そら建設関連の地元業者天の配剤と歓喜してるでしょう。

しかしね、その高崎芸術劇場の入札でも13社が参加で件の「阿久沢電機」が落札した。それってほかの12社との談合はなかったのかね?

つまり、これだけの開発案件が有り、その工事を持ち回りで落札する、それこそが「談合」。じゃなかったとしたら阿久沢電機の抜けがけということになる、だったらその情報は漏れるわね...

大規模都市再開発は「官製談合」の温床?



Posted by 昭和24歳  at 11:27 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
高崎芸術劇場、別件も落札「官製談合」か?
    コメント(0)