2019年11月21日

ラジオ高崎でわかる高崎の姿

ラジオ高崎でわかる高崎の姿
ラジオ高崎でわかる高崎の姿
ラジオ高崎はコミュニティFM放送設立補助金 1,300万円で平成9年4月1日開局...

↓がそれを教える当時の市議会議事録(財務部長)
コミュニティFM放送設立委員会補助金 1,300万円につきましては、平成9年4月1日開局予定のラジオ高崎の実験放送経費等に対する補助金の計上でございます。
<出典:平成8年第1回高崎市議会定例会会議録>

あれから22年、第三セクターとして始まった「ラジオ高崎」は確か当時の松浦市長が社長ではなかったかと?

時は21世紀、御代は令和元年となりその「ラジオ高崎」は巨大に進化を遂げた。

払込資本 120,000,000円(授権資本400,000,000円)
株式会社ラジオ高崎WEBサイト会社概要より

ま、どうでもいいことだがその会社概要の中の設立日は第三セクターのそれと多少異なるのではないかと...

しかし、払込資本1億2000万円(授権資本4億円)というのも下級市民からしたらビッグですね。

で、事業内容もビッグです。詳細は株式会社ラジオ高崎WEBサイト会社概要を。
http://www.takasaki.fm/company/

それにしてもコミュニティ放送局のお仕事として、まちづくり・都市開発・都市政策に関する企画・調査、コンサルティングに関する業務って請け負ってんのかね、天の声...

そんなわけで役員には社長はご案内の天の声の伝達者。そして取締役に副市長、顧問に市長。

あ~っ、いましたね今回の一件の業者さんも株主、そしたら天の声の伝達者の方も個人株主なんですね。

で、株主は当然、大高崎市、言ったら高崎の「経団連」「経済同友会」つまり官邸と直で「まちづくり」です。まっ、いいけど。

で、昨日も「ラジオ高崎」エンジョイしてたんだけど代表取締役逮捕なのにキャピキャピしてたね番組」。まっ、いいけど。

ちょっとリクエストなんだけど、お年寄り向けの番組やってくれないかな...

例えば「楽しい終活」とか「ピンピンころりの健康法」とか、やってくれないかな、コミュニティ放送局なんだし。

ま、株式会社だから利益出さないと株主配当できませんからジジババのことは...

ラジオ高崎でわかる高崎の姿



Posted by 昭和24歳  at 08:12 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2021年03月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 81人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
ラジオ高崎でわかる高崎の姿
    コメント(0)