2019年11月02日

巣鴨プリズンと日本政府

巣鴨プリズンと日本政府
巣鴨プリズンと日本政府

米軍管轄下のスガモプリズン
第二次世界大戦で日本は敗れ、連合国軍の占領下に置かれた。東京拘置所は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって接収されて「スガモプリズン」と呼ばれ、戦争犯罪容疑者が多数収容された。処刑場入口の13号鉄扉を通って、BC級戦犯52名が処刑された。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A3%E9%B4%A8%E6%8B%98%E7%BD%AE%E6%89%80

子どもの頃、父はそれを「省線」言っていた。

大塚の三業地で父の姉、伯母が旅館をやっていた。旅館と言っても、後で知ることだが、それは「温泉マーク」。

その省線が、大塚の駅に近づくと伯母の家の「温泉マーク」がすぐに目に入った。

よく伯母に連れられて大塚駅から都電で池袋まで行った。

「ほら・・・あそこ、昔、刑務所だったのよ」

と、伯母は話してくれた。

「巣鴨プリズン」。

今は「サンシャインシティ」となっている。西武鉄道、堤家が払下を受けたのか。元々が国有地、堤康二郎が代議士の時代ではなかったか。

その時代・・・戦後10年。まさに「ホームレス」の時代。当時、省線の駅と言う駅の路地裏は怪しげな「市場」に黒山の人、人、人。

そんな市場は停電はいつものことで、テント張りの露店はカーバイトのカンテラの灯り・・・

とても臭かったのを覚えている。

あれからもう60年からの時が過ぎた。時々仕事で大塚に行くことがあるが、その面影を教えるものは・・・ない。

あるとすれば、都電荒川線の「線路」くらいだろうか。チンチン電車は冷房完備のスマートな形になっている。

昔のそれを知る者は、もうそうは多くないのではないだろうか。

7人のA級戦犯が処刑された「巣鴨プリズン」。

その翌日、戦後史「自民党」の首魁が無罪放免になっている。そして、その子、孫が、今尚「永田町」の雛壇を飾っている、この妖気さが この国の本当の姿なのではないのだろうか。

幼児虐待、子殺し、親殺し・・・失業、倒産、ホームレス、自殺。

精神的に未成熟な永田町の住人にはかつての「焼跡」は思い浮かぶことはないのだろう。

新宿のションベン横丁・・・

渋谷にも、新橋にも、有楽町にも・・・・そして上野には今もある。

昔、山崎元幹事長がテレビで言っていた「北朝鮮と事前折衝は米国大使館にも話してあります」と。

米国も未だ、ホームレスは凄いと言う。

アメリカのの女性兵士はトレーラーハウス育ちの貧困層だと言う。この時代、兵士になるのはそうした社会の歪に暮す人たち。

この国もそうだ。今は、「自衛隊」は、隊員募集はしていないのだと言う。徴兵でもしようと言うのだろうか?

政治不信、無力な政治家を俎上に上げて槍玉は国民世論への「ガス抜き」だろうか。

戦後、占領軍、米国によって与えられた「憲法」と、「米国型民主主義」。それは 国民が闘争、汗と血で勝ち取った「それ」ではない。

「巣鴨プリズン」知る僕等世代、戦後のバラックを知る僕ら世代がまもなく消える。

それは僕らの世代ひとりひとりが真剣に考える最期の時間かも知れない。

次世代が、飢え、苦しむ・・・このままでは想像に難くない。 少なくとも僕等の子育てはこんな憂鬱な時代ではなかった。

巣鴨プリズンと日本政府



Posted by 昭和24歳  at 22:01 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年11月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
巣鴨プリズンと日本政府
    コメント(0)