2019年09月30日

生きた証に「真実」を伝えなくてはいけない。

生きた証に「真実」を伝えなくてはいけない。

カレル・ヴァン・ウォルフレン氏「安倍首相は絵空事だらけ」
公開日:2014/11/17 07:00 更新日:2016/10/17 04:37
 隣国と対話すらできないタカ派体質など、安倍首相に対する見方は、国内よりむしろ海外で冷ややかだ。長年、日本の政治システムを俯瞰してきた知日派ジャーナリストのカレル・ヴァン・ウォフレン氏(73)が、新著「日本に巣喰う4つの“怪物”」(KADOKAWA)の出版に合わせ来日した。この人も「いまは日本の危機」と憂えていた。

――海外では安倍政権が暴走しているとの声があります。最近の安倍政権をどう見ていますか。

 安倍政権が誕生した時から、私の印象は変わりません。政権は最初から構造的な欠陥を抱えているからです。端的な例がアベノミクスです。そもそも、アベノミクスなどという愚かな言葉が何を意味するのかわかりません。安倍首相の名前が付けられていますが、彼の考えで始められたわけではありません。経済に精通した人でもないのです。彼は何も知りませんよ。金融政策を練るのは首相ではなく財務官僚です。首相はそれに従っているだけです。アベノミクスという造語は単なる広報戦略から生まれただけです。


僕がカレル・ヴァン・ウォルフレン氏、著書、「日本/権力構造の謎|上・下」に接したのは1990年高崎図書館で・・・

生きた証に「真実」を伝えなくてはいけない。

われわれ日本人は自分自身について、自分たちの国についていったい何を知っているのか?在日30年のジャーナリストが冷徹な眼でえぐり出したこの国の真の姿に、われわれは慄然とせずにはいられない。日本における権力の行使のされ方に焦点をあて、政治、ビジネス、教育等あらゆる側面からこの国を動かす特異な力学を徹底的に分析した、衝撃の日本社会論。本書に匹敵しうる日本論を、日本人自身はついに書き得なかった。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150501777/isisnejp-22/ref=nosim

ま、今回の原発マネー3兆円のキックバックなんだが氷山の一角で半官半民の電力企業、つまり政官財の当たり前の習慣。
おそらくこの事件もこのままフェイドアウトするに違いない、現野党もお仲間なんだろうから。

会長の言い草が振るってる「もらったお金は家で保管してた」って、笑い話にもならない言い訳。

全てがこの手口で、原発もダムも高速道路も新幹線も、確かにそこで働く普通の日本国民は汗水流して真っ正直に労働、仕事してきたことが唯一救われるところだが、その「特別会計」という闇の予算で作られた仕事で配られた予算、数百兆円というお金は政府関係者の家で保管されている。それが2000兆円とも言われる国民ひとりあたり1000万円の借金という財政赤字の正体。

その証拠は全て残っている。今回の原発マネー事件も国税の調査で暴露された。つまり出と入りが金融機関の記録として残っていたということ。

明日、10月1日から消費税10%だが、そこに仕組まれた政府財務省の罠は「金融政策を練るのは首相ではなく財務官僚です。首相はそれに従っているだけです」と言われるように、首相も「モリカケ」でわかるように犯罪を犯した財務省高級官僚が出世するというシステムに政治、政権の本質を見て取れる。

人は経験、体験にしか学べない。戦後っ子、団塊世代の僕らはそれなりに歴史の中に学ばないまでも体験してきた。そこからふつふつと沸き起こる疑問はおそらく現代の日本社会のニューカマー、現在進行形は想像すらできないのではないかと想像する。
カレル・ヴァン・ウォルフレン氏が言われるように安倍晋三内閣総理大臣は財務省高級官僚の操り人形でしかない。財政、外交、内政、それらの全てが霞ヶ関のシナリオ通り上手に演じられるか、ただそれだけ。

そこにも書かれているが、2009年の政権交代、鳩山由紀夫政権は唯一のエスタブリッシュメント政権だった。
鳩山一郎元総理、鳩山威一郎元外務大臣、祖父・石橋正二郎(ブリヂストン創業者)といったサラブレッドで、田中角栄と同じ米国に隷属しない独自政策を打ち出した瞬間メディアに総攻撃を受け1年足らずで政権を追われた。

ま、その後の菅、野田はその意味では当たり前の内閣総理大臣、政権だった。

そして令和の現代、創られた、偽装されて、踊り踊る政権。現代の中年は僕ら団塊世代の子供たち。
彼らの多くは就職氷河期で、4人に一人が非正規で将来が全く保障されてない、保障すら求めない、そんな彼らもあと10年で中高年、20年で高齢者、30年で老人。

生きた証に「真実」を伝えなくてはいけない。




Posted by 昭和24歳  at 19:11 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
生きた証に「真実」を伝えなくてはいけない。
    コメント(0)