2019年09月29日

閑さや議場にしみ入る独り言(しんぞう)

閑さや議場にしみ入る独り言


私の国では、長く続いた経済の不調が国民の関心を内に向かせた時期は、過去のものとなりました。
私の国では、長く続いた経済の不調が国民の関心を内に向かせた時期は、過去のものとなりました。
私の国では、長く続いた経済の不調が国民の関心を内に向かせた時期は、過去のものとなりました。
私の国では、長く続いた経済の不調が国民の関心を内に向かせた時期は、過去のものとなりました。


日本がはまり込んだ深刻な「貧富格差」の現実
所得格差のレベルは先進国でワースト8位
世界第3位の経済大国でありながら、日本には高い貧困率という問題が存在している。7人に1人が貧困にあえぎ、1人親世帯では半数以上が貧困に苦しんでいる。
先進国の中で最悪のレベルに近い日本の貧困率
日本では貧困率のデータは3年ごとに調査されている。最新の数字は2015年に発表された15.6%。ひとり親世帯の貧困率では50.8%となっており、先進国の中では最悪のレベルに近い。
最新情報となる2018年の調査で改善されているかどうかが注目されるが、現実問題として賃金が…

https://toyokeizai.net/articles/-/260891

閑さや議場にしみ入る独り言(しんぞう)
閑さや議場にしみ入る独り言

「私の国では、長く続いた経済の不調が国民の関心を内に向かせた時期は、過去のものとなりました。」
「私は誰ぁ~れ?」
どこの国の話をしているのでしょうか???


20年間続く終の見えないデフレ、庶民の賃金低下、拡大する所得格差。
「アベノミクス」、三本の矢も真っ二つに折れて六本になっちゃいました・・・
そして明後日10月からは消費税10%に増税という国民、庶民大衆への「身ぐるみ剥がし」の政策が情け容赦なく断行されようとしています。
「長く続いた経済の不調が過去のものに?」
いったい、「あなたは誰ぁ~れ?」どこの国のお話をしているんでしょうか?
4人に一人が非正規社員、シングルマザー、7人に一人の子どもの貧困。その貧困が理由と思われる子供への虐待は日常的・・・

いったい、「あなたは誰ぁ~れ?」どこの国のお話をしているんでしょうか?



Posted by 昭和24歳  at 09:14 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
閑さや議場にしみ入る独り言(しんぞう)
    コメント(0)