2019年09月20日

高崎は「東へ東へ、さらに東へ」西は限界集落

高崎は「東へ東へ、さらに東へ」西は限界集落
高崎は「東へ東へ、さらに東へ」西は限界集落

県内基準地価 上昇56地点に拡大 商業地は高崎駅東口が初の最高 

 土地取引価格の指標となる県内地価(基準地価、7月1日時点)が19日公表された。商業地の県内最高地価は調査開始の1975年以降初めて、JR高崎駅東口周辺の地点になった。用途別で工業地が27年ぶりにプラスに転じたほか、上昇地点は6市56地点と前年の51地点より増加した。一方、県内全域の全用途(林地を除く)の平均変動率は前年比マイナス0・8%で27年連続の下落。下落幅は3年連続同じだった。1平方メートル当たりの平均地価は前年と同じ3万7100円だった。

 商業地の最高地価は高崎市栄町のビルで1平方メートル当たり25万円(前年23万2千円)。前年までは連雀(れんじゃく)町や檜物(ひもの)町など、駅西口周辺の地点が最高だった。住宅地は31年連続で同市柳川町の高崎郵便局北側の同10万4千円(同10万1千円)。
2019/09/20 上毛新聞
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/161149

誰ぁ~れのせいでもありゃしない~♫

みんなオイラが悪いのかぁ♫
訳作詞:タカオカンベ

因みに「タカオカンベ」さんは高崎市出身。
ネットには「タカオカンべ」さん、ご本人に関する情報はないが高崎出身は事実のようです。
それも、あそこは連雀町でしょうか「神戸自転車店」がご実家のようです。
お噂では東大卒だそうで「太陽の彼方」、60年代アストロノウツでヒットした「乗ってけ乗ってけ乗ってけサ~フィン」。
特に有名なのが「網走番外地」の作詞です。

で、高崎の東口と西口旧市街地なんだけど・・・

その神戸自転車店辺り、まあ、連雀町交差点近辺だけど昭和50年代は最も賑やかだったところ。

ヤマハがあったり、高島屋ストアがあって藤五があって十字屋があってドレミレコードがあって、サカヰレコードがあって・・・

今の本店高橋のところは藤五ストア、郵便局があって、パブゴールドがあって八木橋デパートがあって。

そうだ、田原屋もあったなぁ。中央デパートもあって、スカイラウンジがあって喫茶「いわと」があってスズランデパートがあって。

今はスズランを残してほとんど消えちゃいました。「神戸自転車店」はありますけどね。

まあ、都市計画やるのはお役人で、商売人じゃあないですからどうなんでしょうねぇ「まちづくり」とかって、そのへんのところ。

高崎は「東へ東へ、さらに東へ」西は限界集落





Posted by 昭和24歳  at 12:22 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
高崎は「東へ東へ、さらに東へ」西は限界集落
    コメント(0)