2019年09月19日

小沢一郎は山本太郎を創った

小沢一郎は山本太郎を創った
小沢一郎は山本太郎を創った

この国の形は戦後73年、何一つ変わっていない。



電気事業は戦時下の国家による電力管理から、連合軍占領下でGHQにより強権的に9分割され民営化された。

九つの電力会社が地域ごとに電力需給を行なわなければならないので、
中部山岳地帯の有数の水力電源地域と、首都圏や京阪神の電力需要地帯とが分割された、
結果日本は以前の水力中心の電力供給から、石油や核燃料など原料を海外に依存する体制をとらざるをえなくなった。

今日の“日本国民”生存権は残念ながら“米国”管理下にある。

その論拠は、エネルギーの主要部分はアメリカの支配下に置かれており、
このように、日本のエネルギー政策は“米国の利益”にかなう形で推進されている。

そこでの原発

日本の原発に使用する濃縮ウランの供給は米国の“基本的核戦略”の一環であり、
“日米原子力協定”は“日本の原子力発電所名”を具体的に述べ、これらへの“米国産ウラン”の供給を保障する形をとっている。

そして日本の電力9社は、その使用する原料の中に米国産以外の濃縮ウランを“30%”以上混ぜてはならないとされている。

ロッキード事件に始まり、細川内閣突然の総辞職。 そして建設汚職の中村喜四郎逮捕も日本の原子力政策、永遠のエネルギー、高速増殖炉“もんじゅ”は未完成。
これができれば、米国のウランは要らなくなるし、石油もいらなくなる。

しかし、その「もんじゅ」、建設に1兆円、70年かけて廃炉が決定、およそ2兆円って、日本人そんな馬鹿じゃあないはずだけど・・・

そしてありえないはずの“社会党村山政権”の発生。
そして当然の崩壊と、日本社会党の壊滅で、自衛隊は完全に合憲。そうした中での“安保容認”とその後の米軍基地予算の日本国負担の決定。

先の“牛丼騒ぎ”の米国からの“牛肉の輸入”問題はあれだけ危険だとわかっていても“安全を確認”なんだから外交レベルでのはなしではない。

小沢一郎を性善説とした場合、田中角栄の“帝王学”だろうか、田中角栄はその逐一を「見ておけ!」と言ったに違いない。
そして角栄の失脚から、謀反。

もはや政治生命の終わった角栄の下を“暗黙”に離反する。

竹下の、金丸の角栄の前での“だらしのない姿”を散々見せ付けられてきている小沢にしてみれば、その時点で、竹下も金丸も、またその他大勢の幹部も敵ではない。
おそらく、いや、必ずそうした政治家の恥部は全部角栄を通じて知っていた。

しかし自民党を離れ、小選挙区制を立上げ、何度新党を作っても結果は同じ。
しかし、このまま縦しんば総理大臣になったとしても このままでは全て米国の“ママ”の政策でしかない。

じつはそれには国民の革命的な支持が必要なのであると小沢は・・・

小沢一郎は本によれば、ロックフェラー次期頭目とは入魂だとか入魂でないとか。

あれほど張り切っていたのに小沢一郎。

「今は“アベ・シンゾーを米国は必要としている」とでも悪魔の囁きが。

そりゃあ、“シンゾー”に悪い(笑)。

小沢一郎は“国民”に期待したいんじゃあないだろうか。

小沢一郎は山本太郎を創った





Posted by 昭和24歳  at 20:55 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年10月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 21人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
小沢一郎は山本太郎を創った
    コメント(0)