2019年09月06日

恨(ハン)は、朝鮮文化

恨(ハン)は、朝鮮文化
恨(ハン)は、朝鮮文化

ソウルも戦犯企業条例を可決 釜山に次ぎ、不買促す
 【ソウル共同】韓国のソウル市議会は6日、特定の日本企業を「戦犯企業」と定義し、市などが今後その企業の製品を購入しないよう努力義務を課す条例案を可決した。同日午前にも釜山市議会で同様の条例が可決されたばかり。菅義偉官房長官は6日の記者会見で「不適切、不合理な主張に基づき不当に非難し、経済的不利益を及ぼす内容で、極めて遺憾だ」と強く反発した。

 韓国を代表する2都市で成立したことにより、全国でも相次ぐとみられる。今後どのように運用され、日本への影響がどうなるかは不透明だ。

 韓国紙、朝鮮日報によると、ソウル市は条例に反対の立場を示しているとされる。

<引用:9/6(金) 15:56配信 共同通信>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000122-kyodonews-int

恨(ハン)は、朝鮮文化においての思考様式の一つで、感情的なしこりや、痛恨、悲哀、無常観をさす朝鮮語の概念。朝鮮における、文化、思想において全ての根幹となっている。歴史学者古田博司は朝鮮文化における恨を「伝統規範からみて責任を他者に押し付けられない状況のもとで、階層型秩序で下位に置かれた不満の累積とその解消願望」と説明している。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%A8

まあ、ね。「恥の文化」も幸福に離れないかもしれないが・・・

「恨(ハン)」の文化というのも人を幸せにはしませんね。

どちらかといえば「恥の文化」は自虐的、個人の内面の問題だから他人を傷つけることはあまりないが・・・

そこへ行くと「恨(ハン)」の文化は他人を執拗に攻撃することになる。

それは他人を傷つけるばかりでなく己をも不幸にすることが往々にしてある。

韓国内には「世論におもねった政治主導の不買運動は不適切」との批判があり、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000052-kyodonews-int

>「世論におもねった政治主導の不買運動は不適切」

果たしてその論調は正しいのだろうか?

「世論におもねった」とは世論がそうう言ってる、あるいはそう思っていると取られかねない・・・

そうじゃあないだろうそうではなく政治主導が、その失態を隠すべく執拗に過去を取り上げて反日感情を煽る。つまり世論操作だ。

戦後から朝鮮半島、韓国との外交関係というかその関わりに強く接していた僕ら団塊世代は辟易しているというか、そういう韓国、国民に哀れみさえ覚える。

こちら側、日本サイドから見た情報からでしかないが、その日本における朝鮮半島の植民地政策にしてもそれは一つの民族問題として考えるならそれ自体は非業の歴史だとは思うが・・・
そのことを言ったら今日の米日関係も確かに軍事占領されてるとは言えその政権の卑劣さには忸怩たる思いはあるが、60年代、70年代をやり過ごしその意識の根底に日本国民としての「反米感情」というものは韓国人の「反日感情」ほどのものはない。
また政治においてそうした、あえて反米、親米という意識操作があったとは今日まで日常に感じたことはない。当然大空襲、原水爆投下というジェノサイドがアメリカ軍によってなされたという過去を内心しながらも。

ま、韓国の団塊世代、団塊世代に限らず現在は徴兵制度下にある。そして団塊世代はベトナム戦争では従軍させられている。

その辺を鑑みれば我々、戦後世代、団塊世代とは大きく意識に乖離はあるだろう。

しかし、今日のこの「反日」「恨日」にはどこかで解消させなくては次世代、未来の日本人、韓国人にとって極めて不幸な事だ。

ま、韓国の政権も政権維持のために、その意味では大人げない反日キャンペーンを繰り広げる。

「慰安婦問題」にしろ「徴用工問題」にしろだ。戦前、からの問題で100年にも及ぶ民族間の争い、いや「いざこざ」にどこかで終止符を打つべき時ではないのか。

まあ、韓国政府も韓国政府だが、日本政府も日本政府だとしか言いようがない.

まるで手柄を立てたような経産大臣、外務大臣の幼稚ぶりは「恥の文化」に「恥」ないようにしてもらいたいものだと・・・

そんなふうに思えてならないのだが、どうだろ?

恨(ハン)は、朝鮮文化




Posted by 昭和24歳  at 20:55 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年09月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
恨(ハン)は、朝鮮文化
    コメント(0)