2019年08月12日

【令和】未来の子どもたちへ

【令和】未来の子どもたちへ
【令和】未来の子どもたちへ

昭和24年に生まれた僕らは「未来の子どもたち」だった・・・

漆黒の戦乱、戦渦に過ごした祖父母、父母世代はその「未来の子どもたち」になにを託し、なにを遺しただろうか。

僕らの時代も、そして今も、いわゆる「大東亜戦争」と「太平洋戦争」の歴史的検証が『日本史』の中で全くなされていません。
そのことは現代に生きる僕ら、そして「未来の子どもたち」にとって生存する上で“羅針盤”のない船にいるようなもの・・・・・・
戦後(敗戦後)74年、そのときの「未来の子どもたち」のほとんどが“古希”を迎え、今やその子どもが社会の中心をなし、孫が就学年齢に達するそんな時代。

その時代に、政治は腐敗と混迷、世界一優秀と言われた東大閥の官僚が行政する“国家”は極めて不審の様で、改ざん隠蔽と嘘を繰り返す。
「政治は三流、経済は一流」といわれた昭和の高度成長期の「財界」だったが今日、令和の経済は己の利益ばかりに腐心し、国民大衆の日々の生活を困窮に貶めても平然とする。それどころか「自己責任」とさえの暴言も聞き及ぶ昨今。

この国はこれから、いったいどんな国になっていくのだろうか?

「改革、改革」と言った内閣は、当初30年後には無料解放と言っていた「高速道路」を永久有料の「民営化」、つまり個人の集合体の『私有物』にし、法律加護下の国民の虎の子、「郵貯・簡保」をやはり「民営化」、株式化して『私有物』にしている。

そして「美しい国」とか言った内閣はこれも国民のなけなしの年金掛け金総数“5000万件”を該当者不明とさせ、挙句“140兆円超”あるハズの年金掛け金になぜか言及せず「年金保険料」を上げ(増税)、年金給付年齢を後退(増税)させ、しまいには「給付額」を減少(増税)させると言った暴挙に。

「私の内閣で絶対にやります。出来ないことは言わないんです」。

と大法螺を吹きながら「出来ないことは・・・」どころか、何にもしない内に1年と経たずに、 嘘八百八百閣僚の3名もの辞任騒動と、前代未聞の現役閣僚自殺といった汚点を残し、突然内閣を放り出してしまった。

そしてその後の、「生活者中心の政治」を言いながらの内閣は、その生活者の中の「弱者」から真っ先に絞るといった悪代官さながらの「後期高齢者医療制度」と言った“姥捨て山政策”を実施。
さらに「生活者」を言うなら、国民生活にとって欠くことのできない“ガソリン税”増税と、パーパー商法に詐取されるがごときの石油価格暴騰に全くの無策。

世界でトップレベルと言われた行政官“官僚”の下での政治は戦後のいつからか、復興期から高度成長期に、そしてその成長期の微温湯の中それら“政官”・・・
そして経済までが、嘘に嘘を重ねて暴利を貪る。そしてあろうことか国民生活の基盤でもある「労働」までを「日雇い制」で低賃金化させ、 正規雇用はせず、 「労働市場」から「人身を買い集めて」史上空前の高収益と饗宴する。

なぜだ、どうしてなんだ・・・!?

一般国民大衆はそれでも懸命に生きようとしている。生きている。

それなのに、デフレだと言いながら重なる消費増税で増税分物価は上がり、実質賃金所得は減少、さらに公共料金の値上げ。

挙句が国地方合わせて1200兆円という想像も出来ない負債が。それを国民、赤ちゃんからお年寄りまで850万円借金と大嘘を喧伝。
平成になってから低成長、実質GDPはマイナス成長。国民の4割が貧困、こどもの7人に一人が貧困。
それなのに今次、消費税を10%に増税するという政治。国民生活を豊かにするどころか生活不安に貶める政治。

そんな中、北朝鮮がどうしたとかの全てが作り話、寓話の類の外交偽装。
日本政府は日本国民に対して、この『ニッポン国』がどんな状況にあるかきっちりと情報公開する。
いや、国民自身がそれを要求し、させる。

本来、それが「国会議員の仕事」のはずだが国会議員にはその権能は全くない。

つまり、国会というところに年間“1,000億円”から投じる税金は全て無駄ガネということになる。
事実、この間、国民生活、何か良くなったことがあったんだろうかが良くなっただろうか安倍自民党政権下?
首相、口を開けば有効求人倍率が1.7、景気指数はバブル期超え。

ま、団塊世代周辺のおよそ1000万人が現場からリタイヤし非正規が4割。そら有効求人倍率上がるでしょうよ。
医療年金雇用等の社会保険が自己負担でかつ低賃金、労働分配率の低下です。
つまり昭和の時代の公平な是正でなく富裕層ほど、大企業ほど税負担が少なく労働者を人間ではなく「人工」勘定。
一人分の、本来適正であるはずの労働分配を二人で分ける。そら低賃金になります。

頻発する陰惨な事件、親殺し、子殺しや通り魔事件、自殺・・・

未だに絶えない政官財の談合、贈収賄汚職、公官庁の裏金犯罪。そのたびに逮捕者が出ても一向にそれがなくなることはない。
優秀である官僚の政策で「都市計画」がなされ、結果、地方の都市という都市の「街は破壊」され、地方中核都市の商店街は壊滅的状態。

妙に符合する「戦前の官僚」と「戦後の官僚」。

かの大戦の責任は一握りの征服軍官僚が責任(絞首刑)を取らされただけで、ほとんどの優秀な官僚は総理大臣になったり、閣僚大臣になったり、政治家になったり戦後解体された財閥の責任者になったり。

実は何も変わらなかった(笑)。

戦争に負けて、一般国民300万人余の犠牲を出すも、戦争を遂行した責任者は何ら責任を取らずに平然と為政する側に。
今も変わらず、公害で国民を苦しめようが、薬害で国民を死に貶めようが、税金を横領詐取しようが、責任者は一切「責任を取らない」。

実に笑える話ですが「責任を取れ」とは法律に書いてないのだそうです。

当然と言えば当然かも知れませんが、「自分を縛る縄を綯う」泥棒はいませんよね(笑)。

未来の子どもたちへ ・・・

足腰が立つうちに、認知症にならないうちに何が?

【令和】未来の子どもたちへ




Posted by 昭和24歳  at 22:07 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年08月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【令和】未来の子どもたちへ
    コメント(0)