2019年08月11日

上海バンスキング

上海バンスキング
上海バンスキング

「高崎バンスキング」

昭和47年頃です。そんな「上海バンスキン」のような生活をしていました。

そう、キャバレー「ニュージャパン」です。

まあ、北関東一のマンモスキャバレーでしたね、その「ニュー・ジャパン」。

台湾のオーナーだったんですけど、新宿の「風林火山」と新潟の「香港」とか。

そして新発田にも、で、高崎の「ニュージャパン」と。


https://www.youtube.com/watch?v=M-MnyhpeVbg
上海バンスキング

いろんなバンドマンがいました(笑)。

ヤノピのまっちゃん(松本さん)。当時で60チョイでしたから存命なら100歳超えです。

ボントロの山ちゃん、パツラのガンちゃん、、パツラのバンマス、小林さん、ナーテのカノウさんとか、ターギのクワさん。

アルトのイダちゃん、パツラのデカタナ、ナーテのチビタナ、タイコのギーさん。

まあ、都内ではそれなりに名前は売れていたんですけど、地方回りだとギャラがいい・・・

そんな具合で、結構なプレイヤーが地方に回ってきてました。

だけど、バンドマンていうか、身持ちが悪い(笑)。

「ノム、打つ、買う」

まあ、「買う」のほうは、適当にバーキャレ、セーミのチャンネーとカップリングですけど バクチ好き、の大酒のみは定番。

で、挙句がその、上海バンスキングならぬ、「高崎バンスキング」です。

「前借王」、バンスキング(笑)。

業界用語で「バンス」、つまりラーギャの前借です。 さらに業界用語では、「バンス」じゃあなくて、「スーバン」です。

バンドがチェンジになると「喫茶プリンス」か「キャンドル」でヒーコ。

で、ゴトシがはねると「一力」ツェーリキ)」で、梅割りか「中熊(チュークマ)でにごり酒。

ビーナカが入るとちょっと贅沢に「弥助鮨」か本町の「朝鮮飯店」。

で、その「キャバレーニュージャパン」ですけど、今や廃墟と化しています。

だいぶ昔ですけど、「よさこい」とかいう、超ビッグな居酒屋でオープンしていたんですけど食中毒出しちゃって閉店しちゃいました。

でも、懐かしいです。時々その「ニュージャパン」の前を通るんですけど、姿形はあの時のまんま。



そこから、何年か前に亡くなったデカタナのパツラが聴こえてきます。

クリフォード・ブラウンばりのパツラが聴こえてきます・・・

遠い昔です。



Posted by 昭和24歳  at 16:44 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年08月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
上海バンスキング
    コメント(0)