2019年06月05日

続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ

続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学―
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ

私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか?
もはや国家の消滅は避けられないのか?
そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか?
本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。


目次
第1章 これから君たちは政府が消滅した時代を生きる
第2章 「政治が存在しないこと」について語ろう
第3章 原発事故は終わっていない
第4章 メディアという意識の牢獄から抜け出す

・主権が無くなったことに誰も気づいていない
・やがて投資家の訴訟がニホンのおカネを奪い尽くす
・ニホンは植民地主義に呑み込まれた
・失業者で溢れ返る国が100万人の移民を呼ぶ狂気
・なぜ貴重な雇用を国民ではなく移民に与えるのか
・要するに外資の配当のための移民政策であるということ
・移民を呼ぶためにわざと出生率を引き下げた
・国会は国会議員が法律を作っていると錯覚させるための「劇場」である
・外国の軍隊が駐留して政治を決める
・アメリカの政界にばら撒かれたおカネがニホンの法律を決定する仕組み
・消費税が投資家の配当に化ける仕組み
・消費税が投資家の配当に化ける仕組み
・ニホンの財政が悪化するほど外資の利益は増える
・沈黙する君も悪の共犯である
・この国の人権はあくまで「目安」であって、法律によって保障されたものではな
・なぜ子どもたちを守ろうとしないのか
・巨大な不況が戦後最長の好況に偽装された
・ニホン人を「下等人種」にするためのプログラム
・自民党に献金する日本新聞協会
・この国では50歳の大人の政治知識が15歳の子どもと大差無い
・大統領も末端の使い走り程度の者に過ぎない
・内閣官房機密費に飼われる卑しいジャーナリストの群れ
・滅び行く国に生まれた若い君たちが考えなくてはならないこと
・知識によって世界像を新しく塗り替える
<目次より抜粋引用>

沈黙する君も悪の共犯である
滅び行く国に生まれた若い君たちが考えなくてはならないこと


続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学―



Posted by 昭和24歳  at 20:04 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年09月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ
    コメント(0)