2019年04月27日

平成プレイバック 3

“平和”というイリュージョン
平成プレイバック 3

幻影。幻想。2 錯覚。特に、芸術作品における意識的な錯覚。
<大辞泉より>

“平和”という・・・・・芸術作品における意識的な錯覚。

この“意識的な錯覚”が今の日本の“平和”ではないだろうか・・・・・

それを“欺瞞”と書く本もあるが、どちらにしてもその本質に大した差はないのではないか。

しかしここに来て、いわゆる“団塊の世代”が、今後10年後には要介護者500万人、全部が全部ではないだろうが、
医療、社会保障を糧とする“高齢社会層”が日本社会に大きな位置をしめる・・・・・

昨日の新聞では、政府管掌の“社会保障”、年金、健保への加入者が激減とのニュース。

そして既に実施されている“障害者自立支援法”。
これも報道だが、障害者福祉施設が・・・・・その障害者が自立するべく通所する職業支援施設が相次いで閉鎖の憂き目に・・・・・

これは今後、その時代の“高齢者福祉施設”でもそうだろうが、
その“自立”という文言から・・・・・それは“自己責任”、財政の逼迫さから・・・・・
もはやそこには公的資金は投入できない。

“支援”とは名ばかりで、それは“障害者自己責任法”、“高齢者自己責任法”である。

教育基本法改正にしろ、共謀罪(10月24日採決)にしろ、国家による国民行動の“規制”が行われようとしている。

そして北朝鮮の“地下核実験”の真贋もそうだが・・・・・・
それはいわゆる日米の“軍需産業”を大いに助けているとともに、新政権“アベ勢力”にもあからさまな“追い風”を見せている。

全ての戦争がそうであるように“謀略”がその端緒であることは歴史が証明する所。
そこから見れば米国の“9.11”もそうだが、そこから“テロリスト”を支援すると“イラク攻撃”宣戦布告した米国。

この“イラク戦争”は今後、米国経済にたいし2兆ドル(218兆円)の経済効果をもたらす。
もちろん日本の経済にも間接的に・・・・・いやそれは国民負担と言うことになるのだが、
そこでいう“日本の平和”のコストは限りなく高騰する・・・・・

当然それは、米国の軍備の基地を含めた“肩代わり行政”と、
それの肩代わりだけではなく北朝鮮を限りなく危険な“ならず者国家”としておくための“政治謀略”は・・・・・
既に始まっている。

それが、ミサイル発射実験であり、地下核実験であり・・・・・

それが、いつ近い将来“北朝鮮”によるとされる日本国内での“同時多発テロ”が作られるかも知れない。
それは“オウム”による“地下鉄サリン事件”がそうであったように、
明らかに国家の関与がなくしては不可能な・・・・・“オウム”の所有した“サティアン”・・・・・

その“北朝鮮”によるとされる“事変”が日本列島及び周辺に“有事”として勃発する。
そしてその都度“六カ国協議”で諮られ日本国民のみにその犠牲を強いる・・・・・

米国の国防予算が44兆円。
日本の防衛費が5兆円・・・・・
北朝鮮の国家予算“3000億円”に満たない。
国家予算総額を軍備に充てたとしても日本の防衛予算の“6%”でしかない。

北朝鮮の核実験費用は、直接的費用として“910億円”・・・・・
3回核実験をやれば国家予算一年分が吹き飛んでしまう財政規模。

こんなことが正常な状態でできるか・・・・・
いくら“マイルドセブン”を偽造販売しても、“偽ドル”を印刷しても、覚醒剤を密売しても、
国家予算が“3000億円”そしてGDPがどんなに多く見積もっても“3兆円”。

そうした国が、北朝鮮が継続的に“核保管”、核戦略を維持することができるか・・・・・
絶対に不可能である。

ならばそうして作った“核兵器”、大量破壊兵器を輸出するか・・・・・

逆説的だが、北朝鮮の“それ”は世界の“軍産”の意図ではないのか。イラクのそれと同様に“米国”のそれではないのか。
“軍産”にとって最も重要なのはそうした“ならず者国家”の存在ではないのか。

今日まで、アフリカ、中近東、東アジアにそうしていつも“火種”を作っては“火消し役”で大きく米国経済を支えてきている。
他方で“テロリスト”に資金供給をし、他方で“テロリスト”退治をする。

発展途上の第三世界には日本等に“ODA”、あるいは円借款をさせ、
その資金で“武器輸入”をさせる。そして謀略で民族間紛争を惹起させ武器弾薬を消費させる。

煎じ詰めれば、そうした中での“種も仕掛けもある”この日本の“平和”。

しかしその“種と仕掛け”に限界・・・・・

新たな“種と仕掛け”が新政権“アベシンゾー内閣”。
それはA級戦犯として起訴直前であった“岸信介”が米国に猶予され“岸内閣”となったように・・・・・
森派“コイズミ内閣”が度重なる不祥事で起訴直前であったように。
それが米政府の選択なのか、その“イリュージョン”の種に教育基本法の改正、
そして、共謀罪の制定、周辺事態法等々。

そして、“北朝鮮特措法”なんていう奥の手も・・・・・

実質、240兆円のこの国が、たった“3兆円”に慄いてみせるというイリュージョン。
それにしてもその木戸銭は途方もなく高額ではないか。



Posted by 昭和24歳  at 03:27 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年05月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
平成プレイバック 3
    コメント(0)