2019年01月09日

MADE IN JAPAN「USA SCHECTER」



>当時からメイドインジャパンだったのですね。

僕は昭和60年ギター製作の会社立ち上げに参加した。
オーナーはダラスの投資家でLAで倒産しかけていたギターメーカー「SCHECTER GUITAR RESEARCH」を買収した。

「SCHECTER GUITAR RESEARCH」は1976年、デヴィッド・シェクターが創立したエレキギターパーツメーカー。
主にフェンダー、ギブソンのリプレースメントパーツ製造に集中した、なぜなら米国ロックシーンも変わり当時主流だった「フェンダー」「ギブソン」も販売不振から実質倒産の憂き目から修理用パーツもなくなったためにそのパーツメーカーとしての「SCHECTER GUITAR RESEARCH」は1976年のNAMMショーに出展、一躍脚光を浴びたが1983年そのムーブメントは終焉した。

MADE IN JAPAN「USA SCHECTER」

1985年僕はSCHECTERの本拠地LA近郊のヴァンナイズのファクトリーから全てのパーツ(素材)を輸入し加工して米国へ輸出。
エレキギターの素材、木材を輸入、木取り、磨き、塗装して輸出、組立をヴァンナイズのファクトリーで。もちろんビルダーは日本のスタッフを送り込んで。

日本の木工加工技術精度はすごい、日本では当たり前だけど塗装は最終仕上げコンマ2ミリの鏡面仕上げ、ピンホールは不可。
エレキギターの中枢、ピックアップ(マイク)素材、線材、ボビン、ポールピース、マグネットの
乾式フェライト磁石、それらの全てがMADE IN JAPAN。

たしか円高になった頃の輸出価格は日本の価格設定、米国での価格、円高の前は1200ドル~、円高になって1600ドル。それでも売上は落なかった。
なぜなら、MADE IN JAPANにしか作れないSCHECTERはヨーロッパでも安定した売上だった。

2006年(平成8年)全てのパーツが終わった。
もうMADE IN JAPANのSCHECTERは作れない。老兵は去るのみ。

そう、金属パーツ加工は高崎の町工場でやってました。
ピックアップマウントスプリングは医療用チューブは高崎のゴムメーカーから。
モノづくりは技術以上に日本の精神構造からですね、妥協しないという。

なんで円高が不利なのかわからない、円高になったらレクサスが6万ドル、7万ドルでも。



Posted by 昭和24歳  at 10:52 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年03月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
MADE IN JAPAN「USA SCHECTER」
    コメント(0)