2019年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

「あけましておめでとうございます」

末娘が年越し蕎麦の2杯目を啜るとそう言った。
除夜の鐘が救急車のけたたましいサイレンに途切れとぎれに鳴っている。
キンピラを炒めるカミさんの手が止まった。深く息を吸うとため息混じりに・・・

「来年はここにはいないんだよね」と。

こんな大晦日の光景は前に何度かあった。
長女が卒業し就職する時、あれは平成8年だったか。
そしてその2年後次女も就職が決まって。

「ママ、帰ってくるって、お正月には」

「だって、どこに勤務するかわかんないじゃない」

末娘の箸が一瞬止まった。

長女、次女がこの家から離れる時は玲はまだ保育園の年中さん・・・
年越し蕎麦の天麩羅もキンピラも、そして蕎麦も直ぐになくなった。
どこの家にもあるような光景でその年越し蕎麦を食べるとみんなで近くの神社へ初詣に出かけた。

テーブルの上には茹で上げた年越し蕎麦が、キンピラが食べ人知らずで残っている。

「パパ、松前漬、お刺身、明日でいいよね」

「ああ・・・いいよ明日で」

カミさんがまた大きく息を吸い込む、そしてため息混じりに言う。

「そんなとこで寝ないでよ、呑みすぎじゃない」

「ああ・・・」

娘の部屋から笑い声が。テレビではお笑い芸人が騒々しい。
今朝台所へ行くといつものように綺麗に片付いている。

そう言えば44年前の大晦日も二人だけだった。



Posted by 昭和24歳  at 13:29 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年06月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
あけましておめでとうございます
    コメント(0)