2018年12月01日

【泥棒貴族】日本のこころ

【泥棒貴族】日本のこころ


中山恭子氏、党支部解散の前日に交付金2億移動
 昨年9月に日本のこころを離党した中山恭子参院議員が、自ら代表を務めていた党支部の解散前日、政党交付金約2億円を同じ日に設立した政治団体などに移していたことが30日に公開された昨年分の政治資金収支報告書などでわかった。党や党支部は解散したら交付金を国に返すよう法は定めている。直前に動かしても違法ではないが、中山氏はその後、希望の党に参加しており、識者は、法の趣旨に反する行為と指摘している。

<抜粋引用:12/1(土) 7:48配信 読売新聞>
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6305182

>党や党支部は解散したら交付金を国に返すよう法は定めている。

「政党交付金約2億円を同じ日に設立した新たな政治団体などに移していた」っていうから笑わせる。

畏れ多くも政党交付金は国民、民からかすめた税金である。

いわば、寺社仏閣の賽銭箱の中のお金、それをこっそり抜きtる。ま、多かれ少なかれ政治家、政党はそうやって蓄財に励む。

ところで「日本のこころ」とかだが、政党として国民にとってどんな活動をしたか皆目知らない。

「次世代の党」だとか「立ちあがれ」だとかわけのわからない当時の高齢者議員が老後の生活資金に設立。

まあ、自民党は比例代表は70歳定年とかだから「日本のこころ」は「日本隠居党」です。

で、自民党では比例候補のなれないので80代のご隠居が日本のこころって国民バカにされてます(笑)。

で、中山恭子「日本のこころ」元代表なんだが前橋出身です。亭主が中山成彬で夫婦ともども元自民党ですから。

で、夫婦で「日本のこころ」を解散して政党交付金、お賽銭2億円をガッポして希望の党ですから国民たまりませんね。

ま、国会議員としての歳費コミコミで年間一人1億円ですから、中山ご夫妻の家計収入は2億円。

そら止められませんわね、何とかと国会議員。何にもしてないんですから。

で、「日本のこころ」だなんて言ってほしくないんだけど、全員、自民党に復党か希望の党か維新とか、アントニオ猪木は?

【泥棒貴族】日本のこころ



Posted by 昭和24歳  at 10:27 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【泥棒貴族】日本のこころ
    コメント(0)