2018年10月31日

「1人あたり2万5000円分を2万円で」って姑息。

「1人あたり2万5000円分を2万円で」って姑息。

消費税10%なら2万5千円使ったら・・・
2500円取られちゃいます(笑)


2万円で買える「2万5千円分の商品券」案検討
 2019年10月の消費税率10%への引き上げに伴う経済対策で検討している商品券を巡り、財務省がまとめた原案が分かった。1人あたり2万5000円分を2万円で購入できる「割引商品券」とし、5000円分多く買い物ができる。購入できるのは低所得者を中心とする方向だ。

 希望者は、2万円を支払えば1000円の商品券を25枚受け取ることができる。買い物の際は原則としてお釣りをもらえず、使い切りを前提とする。使用できる地域は発行した自治体内に限定し、有効期間は19年10月~20年3月とする。

 商品券の発行は、公明党が強く求めていた。政府は現金を使わないキャッシュレス決済で買い物をした消費者に2%分をポイント還元する制度を検討しているが、クレジットカードなどを持っていない低所得者らに恩恵が及ばないためだ。

 商品券を巡っては、14年末にまとまった緊急経済対策で「プレミアム付き商品券」が盛り込まれた。当時、各自治体が独自に決めた上乗せ率は2割程度が多かったが、今回の上乗せ率は25%になる。

 政府・与党は、割引商品券を購入できる対象などを、年末までに詰める。政府内では、本人確認のためにマイナンバーカードを活用する案も浮上している。
<引用:10/31(水) 6:11配信 読売新聞>
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6301831

>クレジットカードなどを持っていない低所得者らに恩恵が及ばないためだ。

って、政府とクレジットカード会社がグルなわけです(笑)。

クレジットカードだと、小売店も手数料取られるし、支払いによっては利用者、消費者も金利負担がある。

なんだ、だったらデビットカードにすりゃあいいじゃないか。

つまり、例えばスーパーヤオコーの群馬銀行口座に俺の群銀のキャッシュカードから資金を移動するだけ。

まあ、デジタルだし、おんなじ銀行だしストレスなしですから、それでポイント2%っていうのどうよ?

VISAとか手数料稼げないからイチャモンつけるかもしんないけど、それだったらデビットじゃあなくたって銀行のキャッシュカードでOKね!!

そしたら小さな小売店だってBANK to BANKでやれば大したシステム必要ないんじゃない。

それにしてもだ、2万円で2万5千円分の商品券って笑わせるよねぇ、ズルさ満載、さすが自民党政権(笑)。

だって、消費税増税で取引の全てに10%かかってくるわけだから受け取り消費税から支払い消費税マイナスしたって・・・・・

結局最終消費まで行ったら3割からの物価高になるわけだし、5000円分余分にって言ったって結果足りませんってぇ話。

まあ、誤魔化し、騙し、挙句クレジットカード使えって、なんだよそれって、ないだろう!!

ま、ガソリンスタンドもクレカ使えって、お得だからって五月蝿いんだけど、そんなんだったら最初からガソリン安くしろよ。

普通に、クレカ使ったからってリッター7円も安い、会員カードで3円安いって最初から話おかしいだろ。

つまり、クレカ業界とガソリン業界と安倍自民党政権がグルんなってやってるわけね。

今年の流行語大賞は「偽造・捏造・安倍晋三」で決まりらしい、って小学生の孫が言ってました。子供は見てるからコワイ(笑)。

「1人あたり2万5000円分を2万円で」って姑息。




Posted by 昭和24歳  at 17:02 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
「1人あたり2万5000円分を2万円で」って姑息。
    コメント(0)