2018年04月04日

懐古する「少年時代」

懐古する「少年時代」

まだ長嶋のいない時代・・・
僕は川上ファンだった。
買ってもらったばかりの赤バットとオヤジ。


昭和30年代です。
ご多分に漏れず、ここ地方都市・・・・・
復員兵の家族や、引き揚げ船の中で娘を亡くしたという満洲帰還者家族。
もちろん戦争未亡人家族も。

闇米で旦那が逮捕された米屋の家族。
選挙違反でお父さんがしょっ引かれた友達の家族。

共同水道に共同便所・・・・・・

ガスなんかありゃあしない、竃にケンタをくべて。
風呂なんかありゃあしない。盥に行水、よくて銭湯。
銭湯は旭町の「東湯」、椿町の「椿湯」。

蝿帳に芋の煮つけ、魚も肉も親父の給料日くらい。
断水、停電はしょっちゅう、年がら年中。

夏はゴムぞうり、冬は足袋に下駄。
遠足にお下がりのズックと接ぎ当てのないお下がりのズボンにシャツ。
汽車に乗って碓氷峠越えの「小諸懐古園」。
小学校4年だった・・・・・昭和33年。

抜けるほどの青い空・・・・・

大雨で雨漏りの度に親父がカンカン照りの中、屋根に登ってコールタールを塗る。
ポッポヤだった親父、休みの日には昼間っから酒を飲み俺を叱り飛ばす。
そんな親父をおふくろが叱り飛ばすそんな日常。

かくれんぼ、三角ベースの野球、馬乗りに竹馬。
38度線ごっこにベーゴマ、ビー球、メンコ。
真っ暗になるまで、泥だらけになって遊んだ遠い日。

アカギレ、田虫、ハタケにトラホーム。
デキモン問屋に蓄膿症。
教師には殴られるし、親父には蹴飛ばされる。

それでも風邪をひいて熱を出そうもんなら、そんな親父も俺を抱きしめながら寝ていた。
おふくろは、りんごを擂ってくれたり、葛湯を作ってくれたり、みかんの缶詰・・・・・・
あの頃は風邪をひいて熱を出すのが楽しみだった。

あの頃は貧しかったけど、時代そのものがとても温かかった。

大人のみんなが怖かったけど、優しかった。

僕はそんな時代を忘れない・・・・・・

懐古する「少年時代」



Posted by 昭和24歳  at 22:19 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
懐古する「少年時代」
    コメント(0)