2018年03月30日

天使の歌声「ベッツイ&クリス」

天使の歌声「ベッツイ&クリス」

あの頃、音楽センターでハケのバイトしていて・・・
まあ、ステージやら楽屋、客席のお掃除です(笑)。
マンボの王様ペレスプラードとかシャープアンドフラッツとか、目の前で超一流のミュージシャンが。
そんな時代の、天使の歌声「ベッツイ&クリス」でした。



https://www.youtube.com/watch?v=kkhhpvUsFiI
時の移ろひに・・・


https://www.youtube.com/watch?v=BMkJjevfaiY
初めて目の前で見たアメリカ人の女の子でした(笑)。


そうそう、アメリカ人の女の子って言ったら中学生の頃文通してました。
中三の頃から洋楽に目覚めちゃって東京の従兄の大学生が、シナトラの「想い出のサンフランシスコ」とか、パット・ブーンの「悲しきカンガルー」とかEP盤でしたね45回転の。

「オマエなぁ、英語覚えるんならアメリカ人の女の子文通することだ」

そう言われて、「中学三年生」だったかなぁ、海外文通コーナーで見つけたのが、ニューハンプシャー州のジャネット・ワードちゃんっていう子でしたね。
一年くらい続いてたかなぁ、写真の交換して、まあ、ジャネットちゃん、まるでオバちゃんでした。彼女、身長170センチ、僕はといえば当時は152センチくらいでしたから(^_^;)
で、恥ずかしながら僕は坊主頭でしたから、彼女にはどんな風に映ったんでしょうか、小学生にしか見えなかったんじゃあないかなぁ(笑)。
で年は同い年だったから、っていうことはジャネットちゃん、69歳です。今頃どうしてるんだろうか?
5通ほどの手紙も写真もどこかへ行っちゃったけど、アメリカに行く度にジャネットちゃんの写真の笑顔が過ぎります。


https://www.youtube.com/watch?v=plCcSoqAX7g
娘さんとのデュオ、ベッツイ・・・
大御所、石川 鷹彦参加バックですね。


https://www.youtube.com/watch?v=SwsgnW7b8Qo

僕の前に道はない僕の後ろに道は出来るああ・・・

名言ですね。

で、僕が仕事をしていたシェクターの宣材写真はその高村光太郎の孫にあたる写真家、高村規の駒込のスタジオで撮影。
もう20年以上前です。もちろん撮影カメラマンはお弟子さんだったけど、撮影開始前には必ずご挨拶されました。
ギターマガジンの表紙を飾ったシェクターもその「僕の前に道はない」の巨匠のお孫さんお立会でした、意外と安かった(笑)。



天使の歌声「ベッツイ&クリス」



Posted by 昭和24歳  at 10:04 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
天使の歌声「ベッツイ&クリス」
    コメント(0)