2018年03月27日

「悪魔の証明」です。

「悪魔の証明」です。


「安倍首相はどんな人ですか?」と、園児に聞くと、

「偉い人です。日本を救ってくれる人です」と園児。

「シンゾーちゃん、おじいちゃまはどんな人ですか?」お母様が聞くと、

「とっても偉い人です。日本をつくってくれた人です」とシンゾーちゃん。

で、国会なんだが大臣にタローが二人います(笑)。
大臣に下膨れ、が二人います近大の創業者ファミリー。加計よりは品が良さそうだけど。カミさんが民進党という変わり種。落選しちゃったけど。
もう一人は、総理と同じ山口県の独占バス会社の御曹司でもあり世襲ファミ。

いずれも、ウルトラマン世代(笑)。

ま、どいつもこいつも凄みがない。
鳥取の世襲もキャンディーズ世代で、軍事オタクって、オタクじゃあ困るわけで政党もコロコロ、風見鶏。
で、どうでもいいんだけどポスト安倍の第一候補は貴族、雲の上の人です。

そうだよね、よくよく考えたら戦後の首相は田中角栄以外は全部アメリカ様の都合でした。

しかし今日の証人喚問を見ていて、哀れみを禁じ得なかった。
だって自分のためじゃあないもの、財務官僚、出世街道まっしぐらで最後が国会のお白州じゃあ、末代まで言われちゃう。

「刑事訴追のおそれが」って。それって悪う御座いましたって認めてることじゃないの?

現・太田理財局長「ようすれば、佐川前局長は存じ上げていたと思います」って言うんだから。

「いわば、妻の昭恵に確認したところそのようなことは言ってないと」(笑)。

「いわば、私が妻の代わりに答弁しているのですから」って、だいたい「私」に疑義があるわけですから、「私」と言われてもいわば、困っちゃうわけです。

まあ「悪魔の証明」です。

ま、長きに渡る平和は喜ばしいことなんだけど、功罪がありますね。

少なくとも「月光仮面」を信じた子どもたちが大人になってそういうわけのわからないことは言わなかった。
「ウルトラマン」を信じた子どもたちは、グロテスクな怪獣とウルトラマンの戦いで
大きくなったから、高級官僚に出世してもその世界は円谷プロの特撮を信じ込んでる。
ま、子どもの頃の刷り込みは大人になってもなかなか消えるものではない。

そういえば、現代、その手のアニメとか、特撮モノってないですね。

あるといえば、タレント、芸人参加の「政治情報番組」、ま、もっともイマドキはテレビ見ないし。

「悪魔の証明」です。



Posted by 昭和24歳  at 19:56 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
「悪魔の証明」です。
    コメント(0)