2018年03月04日

電気ブランと萩原朔太郎

電気ブランと萩原朔太郎

その「電気ブラン」なんだが「神谷バー」です。
なんか雷門辺りからスカイツリーなんだが景観条例違反です(笑)。


一人にて酒をのみ居れる憐(あは)れなる となりの男になにを思ふらん
(神谷バァにて) 萩原朔太郎

これは大正初期、朔太郎が二十代の時に詠んだ歌です。

店内のざわめきをよそに一人静かにグラスを傾ける朔太郎、さぞやデンキブラン(当時は電気ブランデー)が胸深くしみたことでしょう。

「神谷バー」

先日、昔の仕事仲間、仙台から出てくるというので上野、松坂屋近くで待ち合わせ・・・・・
待ち合わせまで時間があったので歩いて浅草まで合羽橋を抜けるとじき浅草浅草寺です。

ところで浅草寺と仲見世の家賃を巡る騒動は決着付いたんでしょうか(笑)。
まあ、世知辛いといえあ世知辛いんだけど、坊主はどこまでセコイんっていう話です。
確かに仲見世の家賃は破格らしいんだが、そういう問題じゃあない、つまり浅草寺自体が「仲見世」で持っているわけです。
つまり浅草寺と仲見世は一心同体ってぇことじゃあないんだろうか。
ま、歴史から言ったら、分け合って浅草寺に門前市を開いた、江戸時代なんだろうが・・・・・

そう言えば高崎の少林山「だるま市」でもお寺と露天商と出店料でもめて、露天が締め出し。

ま、露天商だって生業ですから、これまで少林山とは持ちつ持たれつだったんじゃあないの?
その意味では昔は棲み分けていたわけです。坊主だって言ったら仕事は人様の不幸で食いつないでるようなもんだ。
だからけして偉そうなこと言える立場じゃあないんだ。

そもそもが、お寺ってなんなんだってぇ話です。
釈迦に説法じゃあないが、世の中の困っている人を救うのが宗教なんで、金がかかるから家賃を上げるとか出店料を増額しろって。
そら大きな勘違いですね。宗教法人の民業圧迫です(笑)。

で、人が死んだらお経代がいくらだの、院号代がいくらだのて言われた日には世の中困ってる人は死ぬこともできない。

まあ、風情も人情もあったもんじゃあない、ほんと世知辛い世の中です。

でだ、最近消えた年金の問題はどこかへ行っちゃったようなんだが、高崎も前橋も人口減少を危惧とかだが。

人口減少なんてとっくの昔に分かっていることなんで、行政、今がよけりゃで後のことは考えてない。

そら、人口流入を促進とかなんだが、そんなもん他所から持ってきたら他所が減るだけです(笑)。

しかしアレです。高崎市も人口が正味21万人位の時の方が賑やかだった・・・・・
30万、40万だって言い始めて街中さっぱりになっちゃって、これって一体どういうことなのか、考える必要が有るね。
つまり、20万人そこそこの時代の方が、20万人が金を使った。

今は37万人とかなんだが、10万人くらいしか金使わない。
そらそうです37万人のうち11万人が高齢者で、生産人口が20万人、しかもほとんどが非正規。
これじゃあ、行政、笛吹けど踊らずです。

そんなことは統計上分かりきってることなのに、まあ、それだもの日本は戦争に負けるわけです。

つうことはこれからの時代、戦前、戦中とおんなじで「欲しがりません勝つまでは」だろうか。

つくづく、「電気ブラン」の時代が懐かしいですね。

萩原朔太郎、20代の頃に詠んだ歌って、そういえば吉田拓郎も井上陽水も20代で終わってますね。

電気ブランと萩原朔太郎




Posted by 昭和24歳  at 22:21 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
電気ブランと萩原朔太郎
    コメント(0)