2018年02月14日

仮想内閣と平成の終焉

仮想内閣と平成の終焉

大和撫子魂でB-29を撃墜!!

昭和50年前後に官民によって造成され分譲されたニュータウンは高齢化率ほぼ100%(笑)。
どころか、空家、取り壊されて空き地が目立つんだとか。

で、ドーナツ化現象が言われて久しいが、ドーナツの真ん中が限界集落状態。
そらそうです、今後20年間で2000万人からの人口が消えていくんですから。

ま、国だって、地方行政だってわかっていたはずなんだけど、考えてもみなかった。で、今頃になって、年金がとか医療費がとか、介護費がとか騒いでるけど行政は他人事・・・・・

「だって他人事だもん」

まあ、団塊世代も貢いだ「年金」「健康保険」「雇用保険」も雲散霧消で、挙句が、少子化で貢手の現役世代が高齢者の半分。
分かっていたのに考えもしなかった政府。

あの戦争だって、鉄砲の弾なくなっても飛行機の油なくなっても精神力、「大和魂」とか、「神風」がとかで鬼畜米英を撃滅って国民に竹槍持たせた政府。まるでお笑いです。
70から生きてきた感想です。団塊、高齢者と呼ばれてなんか、生きていることが申し訳ないように思わされて・・・・・

それどころか、団塊ジュニアが中高年ですから、彼らこそ哀れです。

日本国有鉄道、道路公団、住宅公団、石油公団、極めつけが原発の爆発で、そのあと始末は今後20年、30年、全部国民負担。
で、そこでの天下り高級官僚億円単位の給料、退職金を掠め取りしらばっくれ。もっとも今は生きてないだろうけど。

しかし、アソ財務大臣だけど「これから気おつけるということが責任を取るということだ」って、今まで全く気をつけてない(笑)。

ま、首相をはじめ財相、経産相、総務相、厚労相、外相、文科相、で、4人のナントカ特命大臣、それらが世襲、三代目。
普通、三代目が身上潰すっていうけど、潰れそうですね(笑)。
代々が、そもそも税金ナマポ一族ですから、政治資金で生活、歳費はそっくり遺ります。

で、国鉄の負債、なんで国民が負担しなくちゃあいけないの?
で、道路公団の負債、どうして国民が負担しなくちゃいけないの?
で、石油公団の負債なんで国民負担なの?

で、電電公社の民営化益は?専売公社の民営化益は?

今更四の五のいったところで始まる話じゃあないけど、20年後、30年後どうすんだろね。
今の大臣閣下のみなさんだって生きちゃあいないだろうし、今まで起きたことしでかしたことに誰も責任取らない。

ま、今更だけど、仮想通貨ならぬ仮想国家、仮想政府、そうした中で仮想平和だったけど、あの戦争で焼き殺された無辜の命、怨霊の祈りなんだろうね。
そうじゃなきゃあ70年以上も戦争がなかったなんて、仮想です。

仮想内閣と平成の終焉



Posted by 昭和24歳  at 09:26 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
仮想内閣と平成の終焉
    コメント(0)