2017年12月26日

富岡八幡宮 宮司刺殺 「資産100億円」争奪 

富岡八幡宮 宮司刺殺 「資産100億円」争奪 

神社ほどオイシイ商売はない。

【全文公開】富岡八幡宮 宮司刺殺 「資産100億円」争奪 姉弟“怨霊バトル”全内幕
長子さんには弟の他、妹もいる

〈死後に於いても、怨霊となり、永遠に祟り続けます〉。こう“遺書”に記した男は姉を日本刀で刺殺し、境内で自害という壮絶な死を遂げた。神明のご加護を祈る境内で、凄惨極める事件がなぜ起きたか。30年に及ぶ一家の確執を紐解き、「江戸最大の八幡さま」の闇に迫る。

<抜粋引用:12/14(木) 5:00配信 文春オンライン>
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171214-10000036-bunshuns-soci

で、お賽銭は非課税です。

つまりお賽銭、お守りは信仰に基づいた喜捨金(寄付)、つまり公益に該当ということで非課税。

しかし、神社じゃあないけど少林山達磨寺高崎市にスルーされちゃって儲け損なっちゃいました(笑)。

少林山は七草だけで数十万人、近在の農家は駐車場収入だけでも馬鹿にならなかっただろうに。                                
で、高崎には古くから成田山があるんだけど、ま、高崎神社、護国神社、山名八幡様、八幡八幡様・・・・・

ところで、それらの神社仏閣「公益に該当」で「公益」に資しているんでしょうか?

まあ、昔の神社仏閣って言ったら困った人、生活に困窮している民に無償で子ども食堂、寺子屋でしたね。

今はそんな話コレっぽっちも聞きませんね。それどころか宗教法人を隠れ蓑に保育園経営、駐車場経営ですし(笑)。

で、玉串料とか祈祷料とか初参り、七五三の祈願、喜捨金(寄付)なんだから領収書もらったほうがいいよね。

祈祷料も二万円とか三万円なんだからしっかり領収もらって確定申告しましょう。

ま、今時の神社仏閣ご奉仕させるだけでご利益が全くないのは政治といっしょですね。

まあ、税金が強制的賽銭です。賽銭で酒池肉林ですからたまりません。

富岡八幡宮 宮司刺殺 「資産100億円」争奪 



Posted by 昭和24歳  at 17:15 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
富岡八幡宮 宮司刺殺 「資産100億円」争奪 
    コメント(0)