2017年08月15日

【国民の休日】8.15“終戦記念日”を祝おう!!

【国民の休日】8.15“終戦記念日”を祝おう!!

なぜ、政府自民党は「終戦記念日」を、
国民の休日にしないの?
「憲法記念日」「建国記念日」ってあるのにね。
300余柱の御霊に鎮魂をささげるなら・・・


なぜ負けるとわかってた戦争をはじめたのか!??

当時、日本の経済力(工業力)から言って4年間にわたる米国との「太平洋戦争」。

「神国ニッポン」だの「神風が吹く」だのとわけのわかんないことを吹聴した政府。

もっとも、戦争、止めたくても止めさせてくれなかった。

明治維新、日清日露戦争で味をしめた欧米金融資本は第一次世界大戦で漁夫の利を得た成り上がり帝国ニッポンから。

その資本を回収するまで戦争を止めるつもりはなかった、樺太、満州、朝鮮半島、遼東半島、台湾と・・・・・

明治維新以降60年からかけて貯め込んだ日本の国富を全て略奪するまで。

昭和に入っての日中戦争、そこで日米開戦の昭和16年、その時点で日本の国際的位置付けはどうであったのか。
たしかに、明治来「日清戦争」「日露戦争」とこの欧米列強「白人至上主義」の国際社会にアジア地域における唯一独立軍事国家としてその将来を模索する時代だったが・・・・・
はたして“米国”を相手の開戦が日本の命運のカギであったかは今にして、多いなる疑問だし「なぜ」という疑問符が。

つまり、「米英」がいかなる思想の国家なのか・・・・・

当時は地球上のほとんどの民族を白人種、英米仏蘭西独伊が、その地を武力で侵略、略奪、虐殺を繰り返し、植民地、隷属化し、
さらにそこで、その侵略者である白色人種同士が、国家間で植民地の権益争奪戦を繰り返していたそんな時代だった。

当然、それはこの日本もその対象の例外ではなかった。それが江戸幕府崩壊から明治維新の流れとなっていったのだ。

その意味では、欧米にとってこの国、日本は「植民地にするほどの“価値”がなかった」。
それに、とりあえずは武士、武家が統治する「軍事国家」であったがためあえて侵略戦争を仕掛けて手間をかけるより、
内乱、内戦工作、つまり革命を惹起させその「革命政府」を隷属化させる政策を米英は画策した。

明治革命(維新)政府に莫大な戦費を貸与し、武器、弾薬、軍艦を売り「日清・日露戦争」を工作したのが米英。
つまりそれが、「日本の近代化」、文明開化の源泉であったわけだが、まもなく勃発した欧州の「第一次世界大戦」は遠く離れた極東、日本の産業、経済発展に大きく寄与し。
結果、そのことが日本の中国大陸侵略戦争へ道を開くこととなり、そもそも英国の「アヘン戦争」来、米欧の権益争奪の場であった中国大陸、
そこへ日本がその意味では「米英の子分」の存在であるにもかかわらず「辛亥革命」で没した清朝、最後の皇帝“愛新覚羅溥儀”(アイシンカクラフギ)を皇帝に仕立て昭和7年・・・・・
“大日本帝国”は関東軍を侵攻させ満州全土を占領し、挙句、欧米列強の策略にはまり中国全土、東南アジア侵略の帆を急いだ。

まあ、その満州国一帯は、欧米、とくに「米国の権益」・・・・・・つまり「親分のシマ」に「子分」が勝手に入り込んで賭場を開いてしまった。

当然、米英は日本政府に「満州から手を引くこと」迫り、そのためのあらゆる手段を講、決定的な最後通牒が、米国国務長官「ハル・ノート」。

それがアメリカ側から提示された交渉案である。

その内容は、アメリカが日本とイギリス、中国、日本、オランダ、ソ連、タイ、およびアメリカ合衆国の包括的な不可侵条約を提案する代わりに、
日本が日露戦争以降に東アジアで築いた権益と領土、軍事同盟の全てを直ちに放棄することを求めるものであった。
概要は以下の10項目からなる。

1.アメリカと日本は、英中日蘭蘇泰米間の包括的な不可侵条約を提案する
2.日本の仏印(フランス領インドシナ)からの即時撤兵
3.日本の中国からの即時撤兵 
4.日米が(日本が支援していた汪兆銘政権を否認して)アメリカの支援する中国国民党政府以外のいかなる政府をも認めない
5.日本の中国大陸における海外租界と関連権益全ての放棄
6.通商条約再締結のための交渉の開始
7.アメリカによる日本の資産凍結を解除、日本によるアメリカ資産の凍結の解除
8.円ドル為替レート安定に関する協定締結と通貨基金の設立
9.第三国との太平洋地域における平和維持に反する協定の廃棄 –
10.本協定内容の両国による推進


つまり、大日本帝国はこの米国の通牒に従い中国(満州国は含まれず?)、欧アジアの欧米植民地からの即時撤兵し、英米に屈し隷属化(?)の道を行くか。
この通牒を無視し米英と開戦し将来への死活を探るか・・・・・・

現在の北朝鮮の核開発廃棄にからむ「米朝交渉」に似ているような似ていないような。まあ、米朝プロレスではなかったような気はするが。
そこでの大きな違いは、ありとあらゆる段階において、北朝鮮政府が「狡猾」であると言うことはいえまいか、舞台回し(笑)。
当然、当時の日本と英米の国力は、今日の“米朝”のそれほどではないにしても、そこには天と地ほどの差があった。

はっきり言えば、大日本帝国の“沽券”でしかなかった・・・・・・

「交渉力」の貧困、つまりは「外交力」が無力だということ。

それにしても米英相手に4年間も戦争をするとは狂気でしかない。

もっとも、実質戦争をしたのは日本政府ではなく「日本国民」だけだった・・・・・・

「天皇陛下の命令」「天皇陛下のため」

そのために死んでいった無辜の命300万余・・・・・・

それは、その姿は今も変わらない日本国政府の国民無視。

今日の戦没者慰霊の式典も、アベちゃんのお言葉はあまりにも白々しい。

財政再建のためと消費税10%を言うアベちゃん政府。

しかし、今や「戦争」する時代ではないことを、北朝鮮が教えている(笑)。

「愚かな米の行動を見守る」(金正恩)。

【国民の休日】8.15“終戦記念日”を祝おう!!



Posted by 昭和24歳  at 19:33 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【国民の休日】8.15“終戦記念日”を祝おう!!
    コメント(0)