2017年07月27日

モリ・カケ学園紛争事件は自民党のDNA

モリ・カケ学園紛争事件は自民党のDNA

悪巧みはしてるけど、そのことは・・・
一度も話したことはありません。



「森友学園」籠池夫妻を逮捕へ…地検きょう聴取

  学校法人「森友学園」(大阪市)が国や大阪府の補助金を不正受給したとされる事件で、大阪地検特捜部は26日、学園の籠池(かごいけ)泰典・前理事長(64)と、妻で学園が運営する「塚本幼稚園」の諄子(じゅんこ)・元副園長に対し、27日午後に出頭するよう要請した。

 補助金適正化法違反や詐欺の疑いで事情聴取し、容疑が固まれば逮捕する方針。

 特捜部は6月、籠池前理事長と、諄子元副園長について、▽学園が大阪府豊中市で進めていた小学校建設で、国の補助金計約5600万円を不正受給したとする補助金適正化法違反▽塚本幼稚園の専従教員数や、障害児ら特別な支援が必要な園児数を偽り、府から補助金計約6200万円を詐取したとする詐欺――の両容疑で、大阪市淀川区の学園事務所や、豊中市の前理事長宅などを捜索。押収資料の分析や関係者の事情聴取を進めてきた。

<引用:7/27(木) 6:01配信 読売新聞>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00050141-yom-soci

昭電疑獄事件
 復興資金として復興金融金庫からの融資を得るために、大手化学工業会社・昭和電工の日野原節三社長が行った政府高官や政府金融機関幹部に対する贈収賄事件。1948年6月に発覚したが収賄側としてGHQの下で日本の民主化を進める民政局(GS)のチャールズ・ケーディス大佐ら高官の名前が取り沙汰され、ケーディスは失脚。裏にGSのライバルで反共工作を行っていたGHQ参謀第2部(G2)のチャールズ・ウィロビー少将と右翼の三浦義一の暗躍があった。

<中略>

 大蔵官僚・福田赳夫(後の首相)や野党・民主自由党の重鎮・大野伴睦(後の自由民主党副総裁)の逮捕に始まり、やがて政府高官や閣僚の逮捕にまで及んだ。栗栖赳夫経済安定本部総務長官、西尾末広前副総理が検挙され芦田内閣の総辞職をもたらした。

<出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E9%9B%BB%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E4%BB%B6

>大蔵官僚・福田赳夫(後の首相)や野党・民主自由党の重鎮・大野伴睦(後の自由民主党副総裁)の逮捕に始まり、

福田赳夫大蔵省主計局長(当時)、後の自民党総裁、内閣総理大臣・・・・・

炭鉱国管疑獄
 戦後の1947年から1948年に起きた汚職事件である。
 社会党首班政権の片山内閣が炭鉱を国家管理にするため、炭鉱国家管理法案を国会に提出。これに炭鉱主が反発し、炭鉱国家管理法案を阻止するために保守系議員へ政界工作を行った。炭鉱国家管理法案は炭鉱主側の言い分が通る形で修正となり、法案が成立した。

しかし、後に炭鉱主側の工作が世間に露見する。この疑獄では田中万逸、竹田儀一、田中角栄らの政治家8名と炭鉱業者4名が賄賂罪で起訴された。しかし、判決では、使われた金の大部分は政治献金と判断され、政治家は無罪となった。

<出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E9%89%B1%E5%9B%BD%E7%AE%A1%E7%96%91%E7%8D%84

>疑獄では田中万逸、竹田儀一、田中角栄らの政治家8名と炭鉱業者4名が賄賂罪で起訴された。

しかし、流石、田中角栄元内閣総理大臣は大物ですね、二度も東京拘置所に収監されてますから。

造船疑獄事件
 第二次世界大戦後の日本における計画造船における利子軽減のための「外航船建造利子補給法」制定請願をめぐる贈収賄事件。1954年1月に強制捜査が開始された。政界・財界・官僚の被疑者多数が逮捕され、当時の吉田茂内閣が倒れる発端となった事件の一つ。

<中略> 

 逮捕者は71人にのぼり、35人が起訴された。疑獄の中心部分に関わったのは23人であり、7人が無罪、12人が執行猶予付の懲役刑、2人が罰金刑を受けた。政治家に賄賂を贈る佐藤栄作と自由党会計責任者は後に政治資金規正法違反で在宅起訴されたが、国連加盟恩赦で免訴となった。

<出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A0%E8%88%B9%E7%96%91%E7%8D%84


>政治家に賄賂を贈る佐藤栄作


佐藤栄作自由党幹事長(1954年当時)とは安倍首相の大叔父で、後の自民党総裁、内閣総理大臣。
祖父、岸信介元自民党総裁、内閣総理大臣の弟・・・・・

まあ、その後の自民党主催の「疑獄事件」っていうか、汚職は、最大が「ロッキード事件」(田中角栄)・・・・・
「ダグラスグラマン事件」(中曽根康弘・松野頼三)、リクルート事件(中曽根康弘・竹下登・宮沢喜一・安倍晋太郎)は自民党汚職劇場(笑)。
因みに、今、「学園疑獄」でお馴染みの、加戸守行元愛媛県知事(元文科省官僚はそのリクルート事件に連座し辞職。
その他、大蔵省、文部省による「ノーパンパンしゃぶしゃぶ接待事件」とか、お噂では前述の加戸守行元知事も桜蘭の顧客とか・・・・・

まあ、今日の「学園疑獄」も、自民党のDNAなんでしょうか、しかし、森友学園といい、加計学院といい話がちっちゃい。

つまり、森友も、加計も全部が時の政権と結託した「補助金詐取」ですから・・・・・

「記録にない」「メモは廃棄した」「記憶にない」(笑)。

まあ、「記憶にございません」はロッキード事件の証人喚問「小佐野賢治国際興業社主」(田中角栄元総理の刎頚の友)の専売特許。

しかし、平成の疑獄事件は登場人物が全員「小粒」で辛味のなくなった山椒ですから・・・・・

そんなわけで、学園騒動も佳境になってきたんでしょうか、大阪地検特捜が、とかのニュースがちらほら。

モリ・カケ学園紛争事件は自民党のDNA



Posted by 昭和24歳  at 10:25 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
モリ・カケ学園紛争事件は自民党のDNA
    コメント(0)