2017年07月23日

【平尾昌晃】星は何でも知っている・・・

【平尾昌晃】星は何でも知っている・・・

まあ・・・・・
ウエスタンカーニヴァルなんだから、
ウエスタンです!!


訃報 .
平尾昌晃さん79歳=作曲家 「瀬戸の花嫁」

 「瀬戸の花嫁」「よこはま・たそがれ」など作曲家として多数のヒット曲を生み出し、歌手としても活躍した平尾昌晃(ひらお・まさあき)さんが21日、肺炎のため死去した。79歳。葬儀は近親者で営む。後日お別れの会を開く予定。
<抜粋引用:毎日新聞2017年7月22日 21時59分>
https://mainichi.jp/articles/20170723/k00/00m/040/106000c

↓ミヨチャン(1960年)


↓星は何でも知っている(1958年)


僕には10歳年上、卯年の姉がいまして・・・・・

そう言えばその姉が蓄音機でよく聴いてたなあ、「星は何でも知っている」。

姉が18,9の頃だったから、わが家はウエスタンカーニヴァル状態でした(笑)。

で、巳年、8歳年上の姉もいまして、女子高生でした。

ギター買ってきたはいいものの弾けなくて押入れの中で埃かぶってました・・・・・

それが僕のファーストギターで、僕が10歳の頃でした。



しばらくすると隣の家の同級生、久夫ちゃんちに大学生の従兄が時々来てブラフォーやPPMやら、キングストン。

小学5年の頃、その従兄のお兄さんが来ると押入れからそのギターを引っ張り出してはCとかAマイナー、F、G7・・・・・

その久夫ちゃんちの従兄のお兄さん、もう鬼籍の人だけど落語家医師の中島先生、群大医学部当時の。

そうこうするうちに中学一年、高崎市立第二中学は旧大日本帝国陸軍第十五連隊旧兵舎が教室、信じられないだろうけど、今時人。

その頃になるとテレビではローハイド、ララミー牧場、拳銃無宿の西部劇、それこそウエスタンカーニヴァル。

そこへもってきて、ザ・ヒットパレードでしたから、同級生の渡辺(和)くんと何故か「悲しきンディアン」。

僕がバケツをひっくり返して「ドンドットット、ドンドットット」ってやると渡辺くん、ホウキをギター代わりに抱えて・・・・・



そういやあ、中山くんは踊ってたな「明日があるさ」、坂本九のアレです(笑)。



渡辺(和)くんは事故で早世しちゃったけど、中山くん、同窓会(3年1組)の幹事いつもご苦労さまです。

そんなわけで、平尾昌晃さんの死去で「星は何でも知っている」、いろんなことを思い出してます・・・・・

合掌

【平尾昌晃】星は何でも知っている・・・



Posted by 昭和24歳  at 09:12 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【平尾昌晃】星は何でも知っている・・・
    コメント(0)