2016年12月19日

平岡都さん「猟奇殺人事件」 被疑者死亡で

平岡都さん「猟奇殺人事件」

島根・女子大学生遺体事件 見つかった遺体には内臓の大部分がなかったことが判明
 島根・浜田市の女子大学生の遺体が切断されて発見された事件で、遺体発見から13日で1週間たつが、衝撃の事実がまた1つ明らかになった。
広島県の臥龍山で発見された平岡 都さん(19)の切断遺体には、腹部に刃物で切られた跡があり、犯人が意図的に取り出したのか、内臓の大部分がなかったことがわかった。
さらに胴体部分は、全体的に黒ずみ、たき火などで焼かれた形跡があることが判明した。
元東京都監察医務院長の上野正彦氏は「胴体部分だけっていうと、おそらく性的いたずらをした証拠を隠すための焼却かなと思いますけれども、珍しいと思います」と話した。
警察は、13日から機動隊の応援を受け、捜索活動を最大の400人態勢に拡大する方針。

(11/13 00:17 山陰中央テレビ)
http://g3s.gunmablog.net/e70661.html
2009年11月14日

7年前の事件です・・・・・

過去の性犯罪事件調べ、男浮上…撮影の画像所持
 広島県北広島町の臥龍がりゅう山の山中で2009年11月、島根県立大1年・平岡都みやこさん(当時19歳)の遺体が見つかった事件で、島根、広島両県警の合同捜査本部は近く、遺体発見直後に交通事故で死亡した当時30歳代の男が事件に関与したとして、容疑者死亡のまま殺人、死体遺棄などの容疑で男を書類送検する。

 捜査関係者によると、捜査本部が今年に入り、過去の性犯罪事件を調べ直すなかで男の存在が浮上した。男は山口県下関市出身で、当時は平岡さんが住んでいた島根県浜田市に隣接する益田市に自宅があり、同市内で働いていたという。

 捜査本部が事件前後の男の行動を調べたところ、臥龍山付近を車で走行していたことが判明。最近になり、男のデジタルカメラの中から平岡さんの画像データが見つかったという。

<引用:YOMIURI ON LINE 2016年12月17日 16時59分>
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161217-OYT1T50060.html

つまり、その事件の2日後には被疑者は特定されていた。
まあ、被疑者死亡じゃあ調書取れませんからどうしょもないけど、なんで今頃?
もしかして公表出来ない事情でもあったのか・・・・・

平岡都さん「猟奇殺人事件」 被疑者死亡で



Posted by 昭和24歳  at 09:40 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年01月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

<?=$this->translate->_('削除')?>
平岡都さん「猟奇殺人事件」 被疑者死亡で
    コメント(0)