2016年10月31日

彩香ちゃんと飴玉。(再掲)

彩香ちゃんと飴玉。(再掲)


連続児童殺害、
3月25日に判決 秋田、控訴審が結審


畠山彩香ちゃん・・・・・

「おばちゃん・・・・・お母さんの分も貰っていい?」

彩香ちゃんはそう言ってお店のおばちゃんにお母さんの分も・・・・・

「お母さんがあたしに辛くあたるのはきっとあたしが悪い子だから」

そう自分に言って・・・・・いつもいつも彩香ちゃんは我慢していた。

「おばちゃん・・・・・カップラーメンにお湯入れて・・・・・」

暗がりの児童公園のベンチで、彩香ちゃん、いつも一人ぼっちで・・・・・・

「お母さん・・・・・お母さんの好きにしていいよ・・・・・
あたし・・・・・お母さん大好きだから・・・・・
お母さんの好きにしていいよ・・・・・」


きっと、綾香ちゃんはお母さんを赦していると思う。

「お母さん・・・・・生まれちゃって、ゴメンネ・・・・・・
お母さん・・・・・今までありがとう・・・・・」


こんな悲しいことってあるだろうか・・・・・
こんな淋しいことってあるだろうか・・・・・
こんな辛いことってあるだろうか・・・・・

いっそのこと“捨て子”でもすればよかったのに・・・・・

そしたら優しいどこかのおじさんとおばさんがわが子のように・・・・・

なんでわが子を殺める。
どうしたらわが子を疎ましいなんて言えるの・・・・・

畠山鈴香容疑者は動機について、

「彩香に対して愛情はなかった。疎ましく思った」

という内容の供述を。

「お母さん、もういいよ・・・・・・
だからそんなこと言わないで、ほら、アメダマ・・・・・お母さんの分だよ。」


きっと天国で、彩香ちゃんはお母さんにそう言ってる。

畠山鈴香・・・・・
彼女も不幸だったという。
だったら何故、母娘で幸せになれなかったのか。


こんな悲しいことを、二度と繰り返してはならない。

虐めもそうだが、我が子を虐待死させる事件が後を絶たない。

どうすることもできないのか、この貧困の連鎖を。

社会が病んでいる。その原因はなんなのか、を、大人たちが考えなければいけないのでは。

彩香ちゃんと飴玉。(再掲)

2009/03/24



Posted by 昭和24歳  at 17:27 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
彩香ちゃんと飴玉。(再掲)
    コメント(0)