2016年10月30日

児童虐待

何で僕は生まれたの・・・
何のために僕は生まれてきたの・・・?
どうして僕は生まれたの?
何で、何のために、どうして・・・僕は。

僕が生まれたところは地獄だった。
血の池や針の山の「鬼」の住む地獄だった。
天国で悪戯したからかな・・・
気がついたら冷たい部屋にひとりぼっち。
寒くても、お腹がすいても、みんな知らん顔。

また鬼が僕を叩く、蹴飛ばす、虐める。
やっぱりここは地獄だ・・・鬼の話す言葉は分からない。
いつも怒ってばかり、いつも喚いてばかり・・・

僕はここが地獄でもいいと思ってた。
もし、戦争で殺されても、病気で死んでも、お腹がすいて死んでも・・・
優しいお母さんの胸に抱かれながら、優しいお父さんお背中のぬくもりを感じながら死ねるのなら・・・
ここが地獄でも、周り中が鬼だらけでもいい。

でも・・・
でも・・・お母さんも、お父さんも鬼だったなんて。

何で僕は生まれたの・・・
何のために僕は生まれてきたの・・・?
どうして僕は生まれたの・・・
何で、何のために、どうして・・・僕は。

さよなら。

幼児虐待・・・
何でだ、どうしてだ。
景気がどうの、政治がどうのとみんな鬼のように目を血走らせて。
生まれて数ヶ月、数年の子供が・・・生まれたために虐待され、殺される。

「ママと一緒にお風呂に入りたかった」

保育園の保母さんに、嬉しそうに・・・

「きのう、ママと一緒にお風呂に入ったよ」と、本当に嬉しそうに。

その数日後・・・殺されてしまった。
そのママは「鬼」と別れられなかったと言う。

天国で幸せにね・・・
今度生まれてくる時は、僕のところへ生まれればいい。



Posted by 昭和24歳  at 19:25 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
児童虐待
    コメント(0)