2016年09月29日

【夏の思い出】ちゅ~銀、富士屋の小倉アイス

【夏の思い出】ちゅ~銀、富士屋の小倉アイス

まあ、「小倉アイス」と言えば。
自慢焼きと言えば・・・
“富士屋”である。
で、「だんご」といえば“伊勢屋”である。


太平洋高気圧とシベリア高気圧が入れ替わって・・・・・

「アッチー、アッチー」って言ってたのが「サミー、サミー」ですから季節は早いです。

もたもたしてると、直、クリスマスだとかお正月だとか(笑)。

で、夏が終わると「夏の思い出」、不思議なくらい子どものころのそれを思い出します。

つい、こないだだったんだが高崎電気館での「昭和の風コンサート」、おかげさまで大盛況だったんだけど・・・・・

9月10日(土)で電気館前、オープンカフェとかしゃれてみたけど、そこは昔の少年少女ワイワイガヤガヤ。

まあ、僕ら団塊世代が子供のころは毎日がそんな昭和の風が吹いてました。

で、「昭和の風」って言ったら、なんたって「ちゅ~銀」でしたね。ご案内の「富士屋、伊勢屋」です。

で、そんな「富士屋」も「伊勢屋」も高崎、今はありませんけど・・・・・

まあ、僕らが子どもの頃といえばちゅ~銀の「富士屋」でした。

小学校の頃は、中央プールの帰りにその富士屋の小倉アイス+自慢焼き。

甘味処って言えば、屋号は失念しちゃいましたけど・・・・・

昔、「八百為」っていう大きな八百屋さんがあった辻のところの角のお店、

なぜか、中学の頃「岩井しげる君」がよくおごってくれたんです、カキ氷とか。

岩井くんちってお金持ちだったみたいです、きっと。ちゅう~坊の分際で学校帰りに店食いですから。

で、あの頃、昭和30年代です、夏休みっていったら毎日のように中央プールか昭和プール。

なぜか、城南プールは高校生とかお兄さんとかお姉さんとか、まあ、棲み分けてました。

で、プールの売店には必ず、あの酸っぱい「ボタンキョウ」が。

たしか、当時、5円で2コとか。まあ、夜鳴きラーメンが30円の時代でしたから・・・・・・

まあ、雨が降っても行ってましたねプール。

中央プールは通称「ションベンプール」で。浅かったです、水深が。

で、場所は丁度、二中と三中の間で税務署の前の路地の奥まったところ。

まあ、音楽センターもありませんでしたし、で、音楽センターのところは社宅・・・・・・

あっ、満洲引揚者住宅だったとか、つまり今で言う仮設住宅でしょうか。

で、プールの帰りはご案内のちゅ~銀を通り抜けて「富士屋の小倉アイス」v(=^0^=)v

まあ、暮れ泥む真夏です、まだ遊び足りずに東小の校庭で、蒸気機関車の汽笛を聞きながら「三角ベース野球」とかでした。

高度経済成長前夜、っつーか、昭和28年朝鮮戦争が終わって、ベトナム戦争が始まる昭和40年までの12年間が僕ら世代の原風景。

ある意味、平和だった、ここだけは。

そして今日、平成28年、西暦2016年、大震災と大津波そして原発事故とかいろいろ未だ尾は引いてるけど。

しかし、まあ、あの大戦の惨禍に比べたら・・・・・・良しとしなければなのかなぁと。

【夏の思い出】ちゅ~銀、富士屋の小倉アイス



Posted by 昭和24歳  at 04:26 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【夏の思い出】ちゅ~銀、富士屋の小倉アイス
    コメント(0)