2016年07月31日

【元千代の富士逝去】何はともあれ記憶に残る横綱でした。

【元千代の富士逝去】
何はともあれ記憶に残る横綱でした。




元横綱千代の富士の九重親方が死去 61歳
 大相撲の元横綱千代の富士の九重親方が死去したことが31日、分かった。61歳だった。

【写真】九重親方、還暦と思えぬ肉体美披露

 九重親方の略歴は以下の通り。

 ◆九重貢(ここのえ・みつぐ)元横綱千代の富士。本名は秋元貢。1955年(昭30)6月1日、北海道松前郡福島町生まれ。70年秋場所初土俵。75年秋新入幕。81年秋から横綱に。通算1045勝。優勝31回。三賞7度。金星3個。89年には国民栄誉賞に輝いた。91年夏場所限りで引退後、年寄陣幕襲名。92年4月に九重を襲名し部屋の師匠に。08年2月に理事初当選。広報部長、審判部長、巡業部長などを経て、12年2月から事業部長。15年名古屋場所を休場し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けていた。家族は夫人と1男2女。現役時代は183センチ、127キロ。

<引用:日刊スポーツ 7月31日(日)18時45分配信>

大相撲が一番面白かった時代でしたね・・・・・

前頭筆頭から、小結、関脇と、その無茶ぶりな相撲。

ちいちゃくて、細くて、それでいて豪快な技をかけて負ける。

脱臼も良くしていました。

「ウルフ」なんて言われてましたね。鋭い目つきで。

で、大関、横綱になってもその取り口は変わらない、前みつをグサッと行くそれ。

なんてったって、あの脚を高々と上げて、一瞬止めるまさに芸術的な四股は千代の富士以来観ませんね。

まあ、運命にはかないませんでしたね、ウルフ・・・・・

【元千代の富士逝去】
何はともあれ記憶に残る横綱でした。





Posted by 昭和24歳  at 20:01 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【元千代の富士逝去】何はともあれ記憶に残る横綱でした。
    コメント(0)