2016年04月25日

昭和42年「こまっちゃうナ」と「ブルーシャトウ」な時代

昭和42年「こまっちゃうナ」と「ブルーシャトウ」な時代



今も昔も変わらない・・・・・

しかし物欲は限界に来ている。
それは“夢のように”ほしいものは何でもそろっている。

僕の末娘もクリスマスプレゼントの夢は“プレステ3”とかの新製品だ(笑)。
去年はニンテンドーの“DS2”とかいう、年齢脳をテストする大人も楽しめるとか言うやつ。

「パパもやったら!」

「冗談言うな!そんなゲーム器に俺の脳を験されてどうする!!」

そういうそばで優が、

「やだぁーーーー!あたしの脳48歳だって!!」

僕らの時代は“クリスマスプレゼント”なんていう習慣はなかった。
精々がお正月のお年玉で模型を買うとか本を買うとか・・・・・

僕は親戚中で一番年下だったのでお年玉はけっこう集まった。

そんなお年玉で小学校5年の時たしか欲しくてたまらなかったのが“HOゲージ”のものだったがこれは高価で手が出なかった。
そこで“Oゲージ”の線路幅のの広いたしか交流のトランスを使うやつ・・・・・・
父親も鉄道員だったので、その模型には流石文句は言わなかった(笑)。

でもそれも小学校6年の正月まで・・・・・・
中学生になった僕はとうとう世紀の大発見をしてしまった。それが“音楽”と“ギター”。
8歳年上の東京の従兄弟にはじめて連れて行ってもらった“新宿アシベ”。そこで見た“音楽”はテレビの中そのもの。

今でも鮮明に憶えている、“ジャッキー吉川とブルーコメッツ”をバックに歌う“尾藤イサオ”。

未だその頃はギターは“三原綱木”で、そのコンボバンドに釘付けになってしまった。
それ以来、春休み、夏休み、冬休みには澁谷の従兄弟の家に入り浸り、その従兄弟にせがんでは“新宿アシベ”、“池袋ドラム”通い。
15歳の時には“エレキギター”を手にしていた・・・・・

因みに初めてのエレキギターは7800円の・・・・・それでも当時高卒の初任給が7000円の時代。
音楽センターのアルバイトが一回100円の時代。
そんな時代に今でいう脱サラだろうか、青年実業家がはじめた“関東ヨーグルトン”のアルバイト。
その給料が破格で、一ヶ月4千円・・・・・昭和40年の話である。

今の若者に夢がない、夢がもてない・・・・・そんなことはない。
みんな何がしかの夢を持って一生懸命生きている。

ミュージシャンになる夢、海外に雄飛し活躍する夢。
こんなに社会が堕落しているにもかかわらずだ。

親殺し、子殺し・・・・・引きこもりだのニートだの・・・・・・
そんなことは昔から多かれ少なかれあった。

僕らが20代の頃には“コインロッカーベビー”なんていうのも流行った。
荒れる中学校。暴走族・・・・・丁度その頃の時代。

何も変わっていない。

それなのに“改革”だという・・・・・・

なにが改革だ!

本当に改革されるべきは政治、官僚の世界ではないのか。

国民は必死に生きている。“恥じる”をモットーに懸命に生きている。

“恥じる”を知らない、政官財が“改革”とはチャンチャラ可笑しい限りである(笑)。

昭和42年「こまっちゃうナ」と「ブルーシャトウ」な時代



Posted by 昭和24歳  at 00:14 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
昭和42年「こまっちゃうナ」と「ブルーシャトウ」な時代
    コメント(0)