2016年04月22日

高崎市立東小学校昭和35年度卒業同窓会

高崎市立東小学校昭和35年度卒業同窓会


入学式記念写真

同窓会の案内状がきた・・・・・
前回が平成20年6月7日だったが今度は5月7日(土)だという。

もうみんな俗に言う“高齢者”のそんなお年頃。昭和23年、24年生まれ。
因みに僕は昭和24年2月11日生まれ、いわゆる“早生まれ”というやつで、67歳になった。まあ、孫も6人いることだし紛うことなき「おじいちゃん」である。

その同窓会は今回でたしか4度目。その意味では人生の節目だろう、案内状には「古希を前にして」とあった。そんな時期を見計らって同窓会幹事各位にはご足労いただき感謝する次第である。
8年ぶりの同窓会。前々回の同窓会では僕が“ぴかぴかの一年生”だった時の担任の宮原ハナ先生も御主席されたが、数年前にお隠れあそばされたと知る。
そういえば、宮原ハナ先生は怖かったなぁ(笑)。

昭和30年4月入学・・・・・・

早生まれだった僕は保育園のつづきのようなもの、ハナ先生にはよく叱られた記憶がある。
やはり、早生まれだったY君とA君、2月、3月生まれでいたずらが激しかったようである。
なんでも“ぴかぴかの一年生”当時のぼくは、母が言うには・・・・・・・
ハナ先生に叱られるとすぐに家に帰ってきてしまったらしい。
その度に、母が学校に連れ戻したり、ハナ先生がむかえにきたりと、とにかく世話の焼けた“ぴかぴかの一年生”だったらしい。

僕の家は東小学校の裏門のすぐ近くにあった・・・・・・
当時は正門と裏門があって、高砂町、山田町あたりの生徒は裏門を登校に使っていた。
しかし、僕が入学するちょうど一年前の昭和29年4月、東京で“鏡子ちゃん事件”という、入学したばかりの女の子がトイレで殺されていた事件・・・・・
そんな事件のせいで、何かの行事の時以外はその裏門は厳重に閉鎖されていた。

当時の東小学校の裏門のところは2年生の校舎と渡り廊下でつながる薄暗いトイレがあった。
そんな事件のせいか、みんなそのトイレに行くことを怖がっていたことを思い出す。
とにかく戦後まだ10年、世の中は騒然としていて、そんな幼児、児童を狙った誘拐事件、殺人事件が多発していた・・・・・

正直、21世紀、今日も物騒な世の中と言われるが、当時はその比ではなかったのではないだろうか。

僕が小学校にあがる一年前に、おじいちゃんが亡くなった・・・・・・明治17年生まれ73歳(申年)。おかしいのはおじいちゃんのお父さんは江戸時代の人なのである。つまり僕の曾おじいちゃん(笑)。

そのおじいちゃんの一回忌の準備で母やおばあちゃんと買い物に行くことが決まっていた日のことだった。
当然、僕は学校にいるはずだったが、おばあちゃんがきているのでとにかく早く家に帰りたかったのか、早引き。ハナ先生になんて言ったのかは憶えてないが、まさか黙って教室から抜け出したわけでもなかったとは思うが・・・・・・
当然、裏門は閉鎖されているので、当時の東小の生徒なら憶えていると思うが正門を通らずに抜け道の路地が校庭の西片、弓町側にあって僕は、早引きに喜び勇んでその路地からまだバラス道だった東二条通に飛び出した・・・・・
その先のことは憶えてはいない。
大型バイクに轢かれてしまって左足骨折全治3ヶ月。何でも東小学校ではじめての交通事故児童だったとか(笑)。
当時のことだから救急車などはなかったのだろう、多分、そのバイクの人が家まで抱いて連れて行ってくれたの、気づいた時は、当時は山田町にあった大原病院の病室にいた。

大原病院では完治は無理と言うことで前橋の関口整形外科へ、そこで接骨手術・・・・・
とにかく散々な“一年生”だった。多分ろくに学校へは行ってなかったのではなかったか。

ところで、僕はどうも“骨折”に縁がある・・・・・・
その、一年生の時の“骨折”から数えて3度、腕、鎖骨と入院生活をしている。
「二度あることは三度」で、そろそろ古希である、この先はもうないだろうが、高齢者なのでどうかはわからない。

僕は勉強は嫌いだったけど学校は好きだった。
多分、その一年生の時の長期欠席の他は休んではいなかったと思う。

一クラス45人くらいだっただろうか、それが4クラス。一学年180人、全校で1000人以上はいた昭和30年当時の“高崎市立東小学校”。
僕が入学する前々年、その校舎はパンク状態。講堂も教室代わりに使っていたんだとか。
その年に、城東小学校が開校して江木、東町方面から通学する生徒が机と椅子を抱えて引越ししていったとか。


卒業記念写真

そんな、高崎市立東小学校・・・・・・
僕の長女、次女も高崎市立東小学校卒業だ。しかし、時は変わって昭和57年、一クラス25人ほどの学年、単学級。全校でも児童生徒数は180人を欠けていた。

噂では、ここ数年、東小学校近隣は再開発でマンションが林立、児童生徒数は持ち直してきているとか。

光陰矢のごとし、少年老い易く学成り難し・・・・・

さて、その“高崎市立東小学校昭和35年度卒業同窓会”楽しみである。
先日、東京に暮らす浦住晴男くんから電話があった。

「楽しみにしてるよ」

そうだ、市役所で宮口和夫くんにもあった。

「今度初めて出ることにしたよ」

現役時代は何かとお忙しい様子だった宮口くん・・・・・

まあ、4年前に高崎市立第二中学校の同窓会があったばかりなのでみんなそうは変わりはないと思うが、東小学校、当時の先生、恩師は果たして・・・・・

高崎市立東小学校昭和35年度卒業同窓会





Posted by 昭和24歳  at 09:58 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
高崎市立東小学校昭和35年度卒業同窓会
    コメント(0)