2016年01月19日

ニチレイも「みのりフーズ」(笑)。

ニチレイも「みのりフーズ」(笑)。

みのりフーズ、ニチレイ商品も転売 ダイコーから入手
 カレーチェーン店「CoCo壱番屋」が廃棄した冷凍カツが横流しされた事件で、産廃業者「ダイコー」(愛知県稲沢市)からカツを購入した製麺業者「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)が、大手食品メーカー「ニチレイフーズ」(東京都)が廃棄処分した肉加工品も転売していたことが18日、分かった。既に消費者に流通した可能性がある。
 みのりフーズの実質的経営者岡田正男氏(78)は本紙の取材に「(転売したニチレイの商品も)全てダイコーから仕入れた。賞味期限が切れた物もあったと思う」と証言した。販売を任せていた知人男性の主導で段ボール箱を詰め替え、みのりフーズの名前が入ったシールを貼り、出荷していたという。一部はみのりフーズに残っていた。
 ニチレイによると、年に数回、ダイコーに廃棄処分となった食品の処理を依頼。「廃棄証明書やマニフェスト(産廃管理票)では処理が完了したことになっていた」といい、事実確認を急いでいる。県によると、みのりフーズの冷凍庫内には壱番屋の製品以外にも108品目あった。県は製造元や販売元の表示がある69品目について10都道県と保健所政令市の11市に調査を依頼している。
 みのりフーズが、みそメーカー「マルコメ」(長野市)の賞味期限切れのみそを保管していることも分かった。岡田氏が明らかにした。「ダイコーから買った」と話している。マルコメによると、不良品などの廃棄をダイコーに委託していた。

<引用:岐阜新聞Web 1月19日(火)8時57分配信>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00001373-gifuweb-l21

>「(転売したニチレイの商品も)全てダイコーから仕入れた・・・・

だから、言ってるだろう「転売」じゃあない「故売品」、犯罪です。

まあ、さすが美しい国です(笑)。

>「・・・・・賞味期限が切れた物もあったと思う」

なんだ、「廃棄処分」の中にもまともな物もあったんだ?

嘘だろ、まあ、78歳になってとんだ人生になっちゃいました。美しい国。

で、昨日今日始まった「故売品業」じゃあないです。ずっと前からやってたはずです、多分。



まあ、日経じゃあ、「みのりフーズ」と「ダイコー」は数年前から取引、グルでした・・・・・

そら、タダ同然どころか、「ダイコー」とか、廃棄処分代まで受け取っていて、それを「みのりフーズ」のジイさんを使ってボロ儲け。

まあ、美しい国ですけど、下々は戦後の闇市です。

で、「フードバンク」とかもあるくらいですから、下々の生活はかなり厳しいわけです。

さて、「ニチレイ」までが廃棄処分品を故売品にですから、コレ、「みのり」と「ダイコー」に限った事じゃあないかもしれませんね。

ニチレイも「みのりフーズ」(笑)。





Posted by 昭和24歳  at 15:11 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
ニチレイも「みのりフーズ」(笑)。
    コメント(0)