2015年11月17日

高崎でもう二度と食べられない本格的グルメ!!②

高崎でもう二度と食べられない本格的グルメ!!②



「若宮のラーメン」

その昔、豊岡の若宮八幡宮の前にひっそりとした佇まいにそれはあった。

商っていたのは初老だったろうか、それとも還暦は過ぎていただろうか、そんな御夫婦が・・・・・

豊岡小学校の校庭の脇にあって、デコラのテーブル、4人がけが3脚ほどの狭い店だった。たしか。

甥っ子、姪っ子たちの運動会の時には必ずと言ってその「若宮のラーメン」を頂いた。

なんの変てつもないラーメンだったが、それはラーメンというよりは「支那そば」だったのではと。

支那竹もシコシコとしていて絶品。スープも少し脂の効いたそれで、面はちじれ麺で驚く程の具合で茹で上げられていた。

友人に、製麺工場の社員がいた。

「ああいう麺はもう作れないのか」と聞くと・・・・・・・

「作れないことはないが、値が張るんだ」と。そして日持ちも悪いから注文もない。

ちなみに「らっちゃん」の麺もそこの製麺所のものなんだとか。

時々、若宮八幡宮の前を通ると、その「若宮ラーメン」を思い出す。

初めてそこへ連れて行ってくれたのは僕の姉の亭主で、「うめぇだろ!!」と得意げに言っていた姿を思い出す。

もう35年も前の話なんだが、二度と食べられないと思うと、無上にに食べたくなるものだ・・・・・・

お好み焼き「ながい」「たけい」そして「みむら」。

小学校の頃の話だ・・・・・・

僕の家の近くには駄菓子屋が数軒あって、その中でも冬場になると「お好み焼き」を商うのがその「ながい」「たけい」「みむら」。

「ながい」はどちらかというと、下駄屋と駄菓子屋の片手間でやっていたようで子供が3、4人でめいっぱいのお好み焼き屋だった。

まあ、駄菓子の種類が豊富だったので、その駄菓子をつまみながらお好み焼きの「せんべぇ焼き」で遊んだ。

「たけい」は九蔵町、大雲寺の入口にあった、年の頃なら60絡みのおばあさんが一人でやっていた「専門店」。

お好み焼きの鉄板台も本格的だったように憶えている・・・・・・

具も、イカ天、エビ天、」いずれも干物だったが、紅しょうがに青のりが入っていてちょっぴりハイソサエティな気分にしたった。

でも、さすが「やきそば」はなかった・・・・・・

その焼きそばがあったのは、「みむら」。いや正確には僕らが足繁くよらしてもらっていたのは「みむら」ではなく「やまて」。

同じ場所にあったわけだが、多分、その「やまて」がなにかの理由で店をたたんだ時に代わりに始めたんだろう。

その店が「みむら」になった頃は僕は中学生になっていたから、通った記憶は薄い。

その「やまて」だが、じつは同級生のお母さんが商っていた・・・・・・

そこの「やきそば」は美味かった。今でもそうだが、あのラードともやしを炒める時の独特の香りが何とも言えなかった。

もちろん、そうした横丁での話だから焼きそばの具も、せいぜいが干しいかと、干しエビ。

もっとも、当時の焼きそばの玉は今のそれとは大違いで蒸してあるのではなく乾麺状態だった。

それを炒める時に水をかけて適度に熱しながら仕上げる。その乾麺風の焼きそばの玉はどこにも売ってない。

まあ、「まるちゃん」も悪くはないが、全く比べ物にはならない。

似たような奴が、イオンモールで売っていた完全乾麺ではないが、「まるちゃん」のような油がまぶしてあるような蒸し面でもない。

時々買ってきて、もやしと青のりだけで食べるのだが、意外と「やまて」のそれに近いものがあると自己満足している。

そう、二度と食べられないと言ったら、本格的グルメかどうかは保証できないが・・・・・・

九蔵町「ウエスタン」の「ケチャスパ」。つまりナポリタンのことだが、そのお話は次回に譲るとしよう。

高崎でもう二度と食べられない本格的グルメ!!②




Posted by 昭和24歳  at 16:33 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
高崎でもう二度と食べられない本格的グルメ!!②
    コメント(0)