2015年10月30日

【つぶやき】「1億総活躍=国家総動員は英語で?

 【つぶやき】 「1億総活躍=国家総動員は英語で?


細川護煕元内閣総理大臣のおじいちゃんです。

In 1937, the Sino-Japanese War erupted, and in the following year the 'National General Mobilization Act' was issued.

昭和12年(1937年)日中戦争勃発、翌年の昭和13年(1938年)「国家総動員法」公布。


大学生の末娘・・・・・

近衛文麿第三十四代内閣総理大臣、「知らない」って言ってました。

もちろん、学校でも教えてなかったんでしょうけど。

そしたら、その孫の「細川護煕第七十九代内閣総理大臣」も知らないって。

そう言えば、日本て「おじいちゃん」が、とか「お父さん」が、内閣総理大臣って、変じゃない?

って、娘が言ってました・・・・・・

戦後、議会制民主主義の下でもコレです↓

近衛文麿=細川護煕、福田赳夫=福田康夫、岸信介=安倍晋三(2回)、鳩山一郎=鳩山由紀夫、吉田茂=麻生太郎、

まあ、そういう習しなんでしょうねぇ、日出ル国ですから。

で、その「国家総動員」の国家なんだけど・・・・・

「臣民」、「臣」と「民」です。

早い話が「臣」は朝廷に仕える政府高官、まあ官僚とか大臣、政務官とかの「官付き」の1%の人です。

で、「民」は朝廷、それらに支配される民衆、「総動員」される99%の人たち。

そしたらコレです↓

菊池桃子氏が名前に「ダメ出し」 1億総活躍国民会議初会合 「ソーシャル・インクルージョンと言い換えては?」 記者団とのやり取り詳報
 第3次安倍晋三改造内閣の目玉政策「1億総活躍社会の実現」に向けた具体策を話し合う「1億総活躍国民会議」の初会合が29日、官邸で開かれた。民間議員に選ばれたタレントの菊池桃子氏は、会合終了後、記者団の取材に応じ、「1億総活躍」のネーミングが分かりづらいとして、「ソーシャル・インクルージョン(社会的包摂)」という新名称を提案したことを明らかにした。記者団とのやり取りの詳細は以下のとおり。


まあ、高学歴な人でも普通の人は分かんないんじゃないかな。

「一億総活躍」のほうが、意味としてはわかりやすい(笑)。

で、その難しい「ソーシャル何とか」は、こういうことらしいんだが・・・・・・

社会的包摂(ソーシャル・インクルージョン). 国民一人ひとりを社会の構成員として 取り込むこと。

じゃあ、今は、「国民一人ひとりを社会の構成員とし」取り込んでなかったってぇこと?

それって、そちらさんの言い分で・・・・・

そんなの当たり前で、我が大日本国はそうなってるんじゃあないの、ホントは。

まあ、「一億人で活躍しなさい」って言うんなら、お金くれないと、消費税どころの話じゃあないわけです。

お金がないから「活躍できないんです」、民衆は(笑)。

 【つぶやき】 「1億総活躍=国家総動員は英語で?



Posted by 昭和24歳  at 17:15 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【つぶやき】「1億総活躍=国家総動員は英語で?
    コメント(0)