2015年09月25日

【放射能汚染】川島なお美という女優

【放射能汚染】川島なお美という女優



川島なお美さん、抗がん剤治療拒否 最後まで女優としての人生全う
 女優の川島なお美さんが24日午後7時55分、胆管がんのため都内の病院で死去した。昨年1月に腹腔(ふくくう)鏡手術を受け、仕事復帰もしていたが、今月7日のイベントでは痩せ細った姿が見られた。抗がん剤治療を拒否し、女優として再び舞台に立つことはかなわなかった。女優と恋とワインに生きた人生だった。

【写真】若き日の川島なお美さん。1981年、水着でポーズをとる

 1年9カ月にわたった闘病生活は、抗がん剤治療ではなく、民間療法を選択。免疫力を向上させる食事療法などを取り入れた。その理由を「抗がん剤の副作用でステージに立てなくなる可能性があるなら、私は最後まで女優として舞台に立ち続けたい」と周囲に明かしていた。発表会での凄絶(せいぜつ)な姿も、女優として人生を全うする覚悟の表れだった。

<抜粋引用:スポニチアネックス 9月25日(金)5時36分配信>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000001-spnannex-ent

>女優の川島なお美さんが24日午後7時55分、胆管がんのため都内の病院で死去した。

人間の運命なんてわからないが・・・・・・

戦争と同じで、一部の人間に翻弄されてはたまったもんじゃあない。

福島第一原発爆発、放射能汚染が騒がれ始めて4人の身内、友人が亡くなった。

いずれも「がん」だったが、発症から1年以内に亡くなった。

義姉、58歳、友人、60歳、63歳、65歳。肝臓がん、白血病で、みんな1年前までは普通に生活していた。

よもや自分が死ぬなんて思ってもみなかったのに違いない・・・・・・

そして、明日は我が身かもしれないが、今のネット社会で知らされる事実と、国、政府の言う事実には大きな乖離がある。

チェルノブイリもそうだったが、子どもたちの甲状腺異常はその事故から5年過ぎた頃に顕著に。

まあ、「アンダーコントロール」とかで「2020年東京オリンピック」のバカ騒ぎなんだが・・・・・・

新国立競技場建設でチョンボして、挙句「エンブレム」でとんだ失態。

これが日本政府のホントの姿、真実です。まっ「安保法案」もなんだけど、「ホンコワ」のスピンだね。

だけど、やることなすことが失敗の連続で、しまいには「GDP600兆円を目標」って言ったなんの話なのか?

で、川島なお美さん死んじゃって、あの元気が売りだった元女子プロの北斗晶さんが、闘病生活(;´д`)

元自衛隊員の俳優、今井雅之さん。この方も54歳で死去、大腸がん。

まあ、ホントならオリンピックなんてやって誤魔化してる場合じゃあないわけで、でも、オリンピックも原発も元が一緒。

【放射能汚染】川島なお美という女優



Posted by 昭和24歳  at 10:57 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【放射能汚染】川島なお美という女優
    コメント(0)