2015年09月16日

桃太郎は「集団的自衛権」でした。

桃太郎は「集団的自衛権」でした。



日ノ本太郎は・・・・・
鬼退治(鬼畜米英)できませんでした。
で、今はその家来です。


元最高裁判事が「違憲」指摘=安保法案、学者2氏支持―学生も意見陳述・中央公聴会
 安全保障関連法案を審議している参院平和安全法制特別委員会は15日、公述人6人を招いて中央公聴会を開いた。
 与党が推薦した学者2人が政府案を支持する一方、野党推薦の4人が同案への反対を表明。このうち浜田邦夫元最高裁判事は「違憲だ。正当性はない」と指摘した。
 与党推薦の坂元一哉大阪大大学院教授(国際政治学)は「抑止力を格段と強化し、世界平和に貢献する能力を増やす、よく考えられた法案だ」と評価。白石隆政策研究大学院大学長(国際政治学)も賛成の立場から、日米の防衛協力が進んでいる現状では「個別的自衛権と集団的自衛権を区別することに意味はない」と指摘した。
 坂元氏が「法案が成立しても最高裁が違憲と認める可能性は低い」との見方を示したのに対し、浜田氏は「違憲判決が出ないという楽観論には根拠がない」と反論。従来の「専守防衛」政策に変更はないとする安倍晋三首相の主張を「詭弁(きべん)だ」と厳しく批判した。
 野党推薦枠では、法案への反対運動を展開している学生団体「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基さんが出席。「国会はまともな議論をしていない。あまりに説明不足で到底納得できない」と述べ、廃案を求めた。
 また、6月の衆院憲法審査会で法案を「違憲」と断じていた小林節慶応大名誉教授(憲法学)も出席し、「戦争法案以外の何物でもない」と重ねて批判。松井芳郎名古屋大名誉教授(国際法)は憲法解釈の変更による集団的自衛権行使容認について「立憲主義に反する」との見解を示した。 

<引用:時事通信 9月15日(火)13時23分配信>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150915-00000057-jij-pol

>「立憲主義に反する」

まあ、その一言でしょう・・・・・・

そもそも論から言って日本には「軍隊はない」ことになってるわけです。

まっ、彼の敗戦によって占領軍によって草案とされた「日本国憲法」なわけです。

大まかなところはともかく、まあ、占領軍、本国政府がどこまで関わったかわ知りませんけど。

つまり、占領軍が日本列島に派兵、在日米軍基地の占有を宣言しているわけで・・・・・・

いわゆる「自衛隊」、まっ「警察予備隊」とかだったわけですから「専守防衛」ですらなかった。

で、そののち、占領政策、「日栄安保」の諸般の事情から「自衛隊」とかに進化しちゃったわけだけど、

そら、言ったら「在日米軍」駐留。その権利を有するってぇのが「日米地位協定」なんで・・・・・・

まあ、「米日」のその軍事力を比較したら「集団的自衛権」なんてありえないわけです。

つまり、その「集団的自衛権」っていうのは日本政府のアイディアではない。米政府の政策上の都合からです。

その意味で、これまでの内閣は、そっち(米国)がそうしろって言うからそうしてるわけで・・・・・・・

それを今更、「俺様について来い」って言われても、そっち(米国)が編み出した日本国憲法に「ダメよ」と書いてある。

だったら、そっち(米国)の責任で日本政府に「日本国憲法」作り直せ、くらい言わないとダメ。

だから、安倍ソーり、「日本国民の平和と幸福を守る」とか・・・・・・・

そんなわけのわからない抽象的な文言で自衛隊を軍隊に進化させようとしている。

まあ、「我が国の存亡の危機が切迫している」って、そんなこといつ起きますかってぇ話で・・・・・・

まあ、中国だkどこだかわかんないけど、イザ、ドンパチ始まったら集団的自衛権もヘチマもないわけです。

まあ、そのことを一番よく知ってるのが、本来日本政府だと思うんだけど(笑)。

つまり、日独伊の「三国同盟」で、それが集団的自衛権に当てはまるかどうかわからないで真珠湾奇襲攻撃でしたから。

そら、中国大陸でも戦争していて、さらに「日米開戦」なんですから、どう考えても頭オカシイです。

つまり、自国の安全保障を軍事でしか考えられないという、まあ、それって経済と両天秤ですから国民泣けますけど。

で、この時代に、「周辺事態」っていったら、中国だけじゃあないですか仮想敵国・・・・・・

まあ、中国もわけのわからない「抗日勝利70周年記念式典」なんてやってますけど、時代錯誤です(笑)。

>日米の防衛協力が進んでいる現状では「個別的自衛権と集団的自衛権を区別することに意味はない」と指摘した。


まあ、笑えます。

「日米の防衛協力」って、何を指して言ってるんでしょうか、その軍事力は雲泥の差です。

まあ、ベトナム戦争や湾岸戦争またやるつもりなら日本の軍事基地の利用価値あるかもしれないけど。

まっ、今や、表立って戦争しかけられる環境はアジア太平洋地域にはない。

そら、いくら日本政府が思いやり予算とか言ったって、米国の軍需産業養っていくほどの規模じゃあない。

つまり、そこなんで、↓

>「抑止力を格段と強化し、世界平和に貢献する能力を増やす、よく考えられた法案だ」と評価。

つまり、アメリカ政府の軍事予算に貢献せよってぇ話です。

「世界平和に貢献」ってどこが戦争してますか・・・・・・

まあ、銃口を向けて「静かにしろ!!」って、それで平和に貢献ですか(笑)。

桃太郎は「集団的自衛権」でした。




Posted by 昭和24歳  at 09:51 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
桃太郎は「集団的自衛権」でした。
    コメント(0)