2015年08月24日

【相模事変】米軍施設で爆発、火災。

【相模事変】米軍施設で爆発、火災。



米軍施設で爆発、火災=倉庫全焼、放水できず―神奈川・相模原
 24日午前0時45分ごろ、相模原市中央区にある米陸軍施設「相模総合補給廠」で「爆発音がした」と119番があった。
 相模原市消防局などによると、施設内の倉庫一棟約100平方メートルが全焼したが、倉庫の内容物が不明なため放水活動はできていない。けが人の情報は入っていない。

<中略>

消防車と救急車計14台が出動したが、内容物が危険な可能性があるため、放水はせずに米軍側と消火方法を協議している。

時事通信 8月24日(月)1時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150824-00000009-jij-soci

>倉庫の内容物が不明なため放水活動はできていない。

「内容物が不明」って・・・・・・

そんなもん、米軍が一番よく知ってるだろう(笑)。

米軍、知ってて日本政府に教えないだけ。

つまり、「ヤバイ」モノが爆発、自作自演か?

それとも北鮮の工作員?といってもお仲間なんだろうけど・・・・・・

まあ、自然に爆発する訳無いだろうし、中国天津もだが。

遠隔操作の起爆装置でも仕掛けたとか(^_^;)

>放水はせずに米軍側と消火方法を協議している。

まあ、そこは日本政府の治外法権ですから、手が出せません(^_^;)

つまり、「水と油」なんでしょうけど、そら日本の消防だって化学物質火災の消化技術はあるだろうし・・・・・

米軍だって、そら、そのくらいの消火設備はだが、それもないとしたらかなりヤバイ。

でも、爆燃えしてるっていうのにただ見てるだけど消し方を協議って相模原の人大変ですねぇ。

相模総合補給廠
かつては、全世界に展開するアメリカ陸軍が使用した戦車や装甲車などの兵器を補修する整備施設があり、ベトナム戦争ではアメリカ軍にとってなくてはならない重要な施設だった。現在も、アメリカ陸軍の小銃から、糧食、野戦病院セット、各種工作車両に到るまで膨大な物資が常時保管されており、アメリカの世界戦略を支えている施設であることに変わりはない。

<中略>

西門が事実上の正門として使用されており、出入りする車両に対しては日本の警察官による厳重な検問が行われている。


>出入りする車両に対しては日本の警察官による厳重な検問が行われている。

にも関わらず、ですから日本政府、警察庁、公安てんやわんや(;´д`)

まあ、早い話が「占領軍基地」ですから日本の官憲でも指一本触れられないわけで・・・・・・

つうことは、米軍基地内の「内ゲバ」か、敵対すると言われてるどこぞの工作?

まあ、「安保法制」急げっていうことなんでしょうか、大丈夫かな首相官邸。

【相模事変】米軍施設で爆発、火災。



Posted by 昭和24歳  at 06:06 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【相模事変】米軍施設で爆発、火災。
    コメント(0)