2015年04月18日

群馬県人口減少は危険水域

群馬県人口減少は危険水域



チバ県からグンマ県に引っ越すこととなった神月。
引越し先への移動中にネットでグンマを調べてみると、
そこに現れたのは恐るべき内容ばかり!
「地球上唯一残された秘境」「とりあえず一番いい装備で行け」等々。
一体グンマとはどんな地なのか? 彼の身に何が降りかかろうとしているのか?
グンマ在住の作者が圧倒的熱量で描き出す知られざる「グンマの真実」。



県人口8000人減197万人 65歳以上、関東で最高 14年推計

 総務省が17日発表した2014年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む群馬県人口は前年比8千人減の197万6千人で、11年連続減少した。65歳以上の割合は26・8%で関東1都6県で最も高く、出生と死亡の差を示す自然増減率は関東最低のマイナス0・34%となり平成になってから最低の水準だった。転入と転出の差を表す社会増減率もマイナスで転出者の方が多かった…
<引用:上毛新聞 2015年4月18日(土) AM 06:00>

>群馬県人口は前年比8千人減の197万6千人で、11年連続減少した。

まあ、人口減少はアベノミクス現象でしょう(笑)。

で、資源輸入大国ですからそのアベノミクス為替変動で輸入物価が高騰っていう話です(´Д`;)

そら、GDPに占める割合輸出高なんて10%チョイであとは内需ですから計算は足し算引き算ですね。

まっ、日本国が経済ばっかじゃあなくて、政治力っていうか軍事力においても強大なら・・・・・

いや、経済もそうなんで「日本製」がいいもんなら高くたって売れるわけです。

それが証拠に、中国人観光客の日本製品爆買い観光ツアーです。

で、中国のデパートだって「日本製」売ってるんだけど、中国人が中国で売ってる日本製が本物かどうかわからない(笑)。

そんなわけで、わざわざ日本に来て爆買いしていく。まあ、電気製品だけじゃあなくて紙おむつとかも。

で、日本の大企業っていうか、官僚が天下った大企業、日本国内生産だと「製造コスト」が人件費倒れとかで海外移転。

で、「円高」だと売れないとか言っちゃって人件費の安い海外で作っちゃって、そしたら日本製じゃあないわけです。

まあ、「技術力」を売りものにしているくせにイザ商売になると、安くしないと売れないとか言って・・・・・・

「円安、円安」だったんだが、いいもんなら高くたって売れます、いや、売れてます。

そら、円高なら輸入材料メチャ安で調達できて、日本の生産コストで輸出できたんです。

いやっ、ホントはそうやって大企業、「円高」は不利みたいなこと言ってしっかりドルベースでも商売してました。

そうなんです。日本で1万円のものは海外でも1万円で売ればいいんです。

それが、30%円高になっちゃって1万円が7,000円しか入ってこないようなことを言ってたけど・・・・・・

つまり、取引為替の「ドル」を「円」に変えなければいいだけの話で、つまり、対GDPの輸出部門10%だけが困ったふりをしていただけ。

だから、「ドル」でしこたま海外資産を保有している大企業、資本家はこの「円安」で資産倍増。

まあ、グローバル企業っていうか、今や日本の大企業は「多国籍企業」ですから日本市場なんて勘定のうちに入ってません(´Д`;)

そらそうです、成長著しいアジア市場中国入れて30億超からあるんですから。

ですから、日本国民、庶民大衆その発展途上国の国民と同じ生活レベルに落とされちゃいました。当然所得も。

まあ、でも「ユニクロ」のジーパン外地での製造原価が600円くらいでしょうから生産国の市場では1200円くらいで売られてますね。

で、日本ではそれがその3倍の3600円ですから笑えます。まっ、それでもジーパン「エドウィン」なら普通に7,000円でしたから・・・・・・

日本経済の官製デフレでとうとう、「ユニクロ」と「しまむら」だけになっちゃいました(´Д`;)

つまり、そうした市場では既に「TPP」完成してるわけです。

ところで人口減をお嘆きですけど???

明治維新の頃の日本の人口は凡そ3,000万人。まあ、ホントはもっといたんでしょうけど戸籍法ありませんでしたから。

で、日清、日露戦争しなくちゃあいけないので戸籍法「マイナンバー制ですね。

それまでの徳川政権ではいわゆる武士しか戦闘要員になれませんでしたけど、国民皆兵制です。

でも、あの時代ですから自給自足、食糧事情悪いですから口減らしとかもありました。

で、大日本帝国も近代化を成し遂げて重工業化社会ができてくると労働市場が安定してくる・・・・・・

で、日清、日露戦争が終わると、欧州で第一次世界大戦です。そんなわけで日本の経済発展が進みます。

まあ、経済は発展しても食糧だけは基本自給自足ですから、お天道様だのみ。

結局、政府の統計だと「口減らし」のための「移民政策」。まあそれが「満州建国」、五族協和策でしたっけ。

で、しまいにはどこかでどなたかが言ってたけど「八紘一宇」でした。

ある種の「選民意識」思想とでも言うんでしょうか、当時、日本の支配階層が「神国」となぞらえたのも。

で、それを思うと今の政治、政治家も「選民思想」ですね。

「自分たちは髪から選ばれた特別な存在だ」といった。

このところ、政治の質の低下が著しい。

まあ、普通は戦争をすると人口減少になります。

だけど、平和なのに「人口減少」。普通は戦争のために「借金」をしますから国家は財政難に。

ところが、今のこの日本政府は「平和」なのに莫大借金をする・・・・・

まあ、戦争で失う命、失う財貨は消耗しますから帰ってきませんね。

だけど、平和ならそんなことはない。それなのに平和なのになぜ???

つまりこの日本の人口減少と財政難は、「富の奪い合い」なんですね。

っていうか、戦争してないから財貨、つまりお金は消えてなくなりません。それなのになくなっちゃった。

戦争してないのに、安全、安心なのに結婚して、子供を産み育てることができない。

実は、この日本国はある種「見えない内戦状態」なのかもしれませんね・・・・・・

まずは、底辺層の国民同士の殺し合いです。わけもなく人を殺したい、誰でもいいから殺したい。

群馬県人口減少は危険水域




Posted by 昭和24歳  at 18:22 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
群馬県人口減少は危険水域
    コメント(0)