2015年01月13日

フランスのユーモアは異人種への差別が根底に

フランスのユーモアは異人種への差別が根底に



銃撃の政治紙、預言者の風刺画全面に…反発必至
 【パリ=柳沢亨之】フランスの複数のメディアは12日、フランスの政治週刊紙「シャルリー・エブド」パリ本社の銃撃事件後、初めての発行となる最新号の1面の内容を報じた。

 偶像崇拝を禁じるイスラム教の教義に反し、預言者ムハンマドの風刺画を全面に描いている。14日発売予定の同紙が、イスラム教徒の反発を招くのは必至だ。

 最新号1面には、涙を流すムハンマドが「ジュ・スイ・シャルリー(私はシャルリー)」との標語を掲げている風刺画が描かれ、見出しには「すべては許される」と記されている。

 この標語は、11日のパリ大行進などで、仏国民が「表現の自由」を訴えるために使ったもので、同紙は、ムハンマドの風刺も表現の自由として認められるべきだとの見解を示したものとみられる。

<引用:読売新聞 1月13日(火)13時33分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00050066-yom-int

>同紙は、ムハンマドの風刺も表現の自由として認められるべきだとの見解を示したものとみられる。

まあ、「自由・平等・博愛」なんだが・・・・・

自国の最高権力者をどう表現しようが、如何様に言論しようがそれは構わないだろう。

この日本でもときの最高権力者をかなり悪しざまにこき下ろすこともあるし、風刺画というかデフォルメされた画像は頻繁に見かける。

しかし、流石に他国の最高権力者をあからさまに足蹴にするような風刺、表現はしないだろう。

ましてや、その「最高権力」というものを超越した「象徴」をいくら風刺とは言え笑いものにするような表現はしない。

それは、個々人同士でもそうだ。

例えば、クラスで仲の悪いやつを風刺した画を描いて張り出したり、バラ撒いたりしたらイジメになるのではないか。

それでも「それ」を表現の「自由」というのか・・・・・・

それは内国であっても言論、表現の暴力というのもある。「言っていいことと悪いこと」だろう。

ましてや、他国、異人種間でのそれは普通に倫理観として許されることではないと思う。

しかも、それが「商業メディア」とあっては論を待たないのではないか。

つまり、「やめてほしい」といっても「やめない」。「自由だから」ですか???

フランスのユーモアは異人種への差別が根底に





Posted by 昭和24歳  at 16:18 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
フランスのユーモアは異人種への差別が根底に
    コメント(0)